ホーム > ニュースバックナンバー(2022/1/1~1/31)


世界の代表チーム関連情報:バックナンバー

2022年1月25日

イタリア代表メンバー発表

 トレーニングキャンプ(1/26~1/28)に向けた代表メンバー発表。

 ロベルト・マンチーニ監督は、35名を選出。
 DFルイス・フェリペ(ラツィオ所属)、DFジョルジョ・スカルヴィーニ(アタランタ所属)、MFダヴィデ・フラッテシ(サッスオーロ所属)、MFサムエレ・リッチ(エンポリ所属)、FWジョアン・ペドロ(カリアリ所属)が初招集。
 代表未キャップのMFニコロー・ファジョーリ(クレモネーゼ所属)とGKマルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ所属)は2019年のトレーニングキャンプに1度招集されている。
 また、FWマリオ・バロテッリ(アダナ・デミルスポル所属)が2018年9月以来約3年半ぶりの招集を受けた。


関連データ
 2022年W杯・欧州予選



アフリカネーションズカップ2021

●ラウンド16
 ・カメルーン 2-1 コモロ (LIVE)
 ・ギニア 0-1 ガンビア (LIVE)

決勝トーナメント
トーナメント

グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 3 2 1 0 7 3 7
ブルキナファソ 3 1 1 1 3 3 4
カーボベルデ 3 1 1 1 2 2 4
エチオピア 3 0 1 2 2 6 1

グループB 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 1 2 0 1 0 5
ギニア 3 1 1 1 2 2 4
マラウィ 3 1 1 1 2 2 4
ジンバブエ 3 1 0 2 3 4 3

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 3 2 1 0 5 2 7
ガボン 3 1 2 0 4 3 5
コモロ 3 1 0 2 3 5 3
ガーナ 3 0 1 2 3 5 1

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 3 3 0 0 6 1 9
エジプト 3 2 0 1 2 1 6
スーダン 3 0 1 2 1 4 1
ギニアビサウ 3 0 1 2 0 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 3 2 1 0 6 3 7
赤道ギニア 3 2 0 1 2 1 6
シエラレオネ 3 0 2 1 2 3 2
アルジェリア 3 0 1 2 1 4 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
マリ 3 2 1 0 4 1 7
ガンビア 3 2 1 0 3 1 7
チュニジア 3 1 0 2 4 2 3
モーリタニア 3 0 0 3 0 7 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月24日

アフリカネーションズカップ2021

●ラウンド16
 ・ブルキナファソ 1-1(PK7-6) ガボン (LIVE)
 ・ナイジェリア 0-1 チュニジア (LIVE)

決勝トーナメント
トーナメント

グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 3 2 1 0 7 3 7
ブルキナファソ 3 1 1 1 3 3 4
カーボベルデ 3 1 1 1 2 2 4
エチオピア 3 0 1 2 2 6 1

グループB 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 1 2 0 1 0 5
ギニア 3 1 1 1 2 2 4
マラウィ 3 1 1 1 2 2 4
ジンバブエ 3 1 0 2 3 4 3

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 3 2 1 0 5 2 7
ガボン 3 1 2 0 4 3 5
コモロ 3 1 0 2 3 5 3
ガーナ 3 0 1 2 3 5 1

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 3 3 0 0 6 1 9
エジプト 3 2 0 1 2 1 6
スーダン 3 0 1 2 1 4 1
ギニアビサウ 3 0 1 2 0 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 3 2 1 0 6 3 7
赤道ギニア 3 2 0 1 2 1 6
シエラレオネ 3 0 2 1 2 3 2
アルジェリア 3 0 1 2 1 4 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
マリ 3 2 1 0 4 1 7
ガンビア 3 2 1 0 3 1 7
チュニジア 3 1 0 2 4 2 3
モーリタニア 3 0 0 3 0 7 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月23日

2022年W杯・アフリカ最終予選:組み合わせ抽選会:結果

 本日22日、2022年W杯カタール大会・アフリカ3次予選(最終予選)の組み合わせ抽選会がドゥアラ(カメルーン)で行われた。

※GMT15:00(日本時間翌0:00)から
LIVE (YouTube)

アフリカ最終予選ポット分け (2021年11月のFIFAランキングに基づく)
ポット1 セネガル、モロッコ、チュニジア、アルジェリア、ナイジェリア
ポット2 エジプト、カメルーン、ガーナ、マリ、DRコンゴ

アフリカ最終予選組み合わせ抽選結果(ポット2のチームが1stレグホーム戦)
エジプト - セネガル
カメルーン - アルジェリア
ガーナ - ナイジェリア
DRコンゴ - モロッコ
マリ - チュニジア
※勝者5チームが本大会出場権獲得。

◆アフリカ出場枠:5チーム
●3次予選(最終予選)
・2次予選突破の10チームがランキング上位5チームと下位5チームに分かれ2チーム直接対戦(ホーム&アウェー戦:下位ランクのチームが1stレグホーム戦)。
・勝者5チームが2022年W杯出場権獲得。

関連データ
 2022年W杯・アフリカ予選



2022年1月22日

韓国代表メンバー発表

 2022年W杯アジア最終予選グループA、レバノンとのアウェー戦(1/27:会場サイダ)とシリアとのアウェー戦(2/1:会場ドバイ(UAE))に向けた代表メンバー発表。

 パウロ・ベント監督は、26名を選出。

2022年W杯・アジア最終予選
グループA 試合 得点 失点 勝点
イラン 6 5 1 0 11 2 16
韓国 6 4 2 0 8 2 14
UAE 6 1 3 2 4 5 6
レバノン 6 1 2 1 4 6 5
イラク 6 0 4 2 3 9 4
シリア 6 0 2 4 5 11 2

関連データ
 2022年W杯・アジア最終予選



エクアドル代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、ブラジルとのホーム戦(1/27:会場キト)とペルーとのアウェー戦(2/1:会場リマ)に向けた代表メンバー発表。

 グスタボ・アルファロ監督は、28名を選出。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



日本代表メンバー発表

 2022年W杯アジア最終予選グループB、中国とのホーム戦(1/27:会場さいたま)とサウジアラビアとのホーム戦(2/1:会場さいたま)に向けた代表メンバー発表。

 森保一監督は、23名を選出。

2022年W杯・アジア最終予選
グループB 試合 得点 失点 勝点
サウジアラビア 6 5 1 0 9 3 16
日本 6 4 0 2 5 3 12
オーストラリア 6 3 2 1 9 4 11
オマーン 6 2 1 3 6 7 7
中国 6 1 2 3 7 11 5
ベトナム 6 0 0 6 4 12 0

関連データ
 2022年W杯・アジア最終予選



アメリカ代表メンバー発表

 2022年W杯北中米カリブ海・最終予選、エルサルバドルとのホーム戦(1/27:会場コロンバス)、カナダとのアウェー戦(1/30:会場ハミルトン)、ホンジュラスとのホーム戦(2/2:会場セント・ポール)に向けた代表メンバー発表。

 グレッグ・バーハルター監督は、28名を選出。

2022年W杯・北中米カリブ海最終予選
最終予選 試合 得点 失点 勝点
カナダ 8 4 4 0 13 5 16
アメリカ 8 4 3 1 12 5 15
メキシコ 8 4 2 2 11 7 14
パナマ 8 4 2 2 11 9 14
コスタリカ 8 2 3 3 6 7 9
ジャマイカ 8 1 4 3 6 10 7
エルサルバドル 8 1 3 4 4 10 6
ホンジュラス 8 0 3 5 5 15 3

関連データ
 2022年W杯・北中米カリブ海予選



ホンジュラス代表メンバー発表

 2022年W杯北中米カリブ海・最終予選、カナダとのホーム戦(1/27:会場サンペドロスラ)、エルサルバドルとのホーム戦(1/30:会場サンペドロスラ)、アメリカとのアウェー戦(2/2:会場セント・ポール)に向けた代表メンバー発表。

 エルナン・ダリオ・ゴメス監督は、26名を選出。

2022年W杯・北中米カリブ海最終予選
最終予選 試合 得点 失点 勝点
カナダ 8 4 4 0 13 5 16
アメリカ 8 4 3 1 12 5 15
メキシコ 8 4 2 2 11 7 14
パナマ 8 4 2 2 11 9 14
コスタリカ 8 2 3 3 6 7 9
ジャマイカ 8 1 4 3 6 10 7
エルサルバドル 8 1 3 4 4 10 6
ホンジュラス 8 0 3 5 5 15 3

関連データ
 2022年W杯・北中米カリブ海予選



ペルー代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、コロンビアとのアウェー戦(1/28:会場バランキージャ)とエクアドルとのホーム戦(2/1:会場リマ)に向けた代表メンバー発表。

 リカルド・ガレカ監督は、30名を選出。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



コスタリカ代表メンバー発表

 2022年W杯北中米カリブ海・最終予選、パナマとのホーム戦(1/27:会場サン・ホセ)、メキシコとのアウェー戦(1/30:会場メキシコシティ)、ジャマイカとのアウェー戦(2/2:会場キングストン)に向けた代表メンバー発表。

 ルイス・フェルナンド・スアレス監督は、25名を選出。

2022年W杯・北中米カリブ海最終予選
最終予選 試合 得点 失点 勝点
カナダ 8 4 4 0 13 5 16
アメリカ 8 4 3 1 12 5 15
メキシコ 8 4 2 2 11 7 14
パナマ 8 4 2 2 11 9 14
コスタリカ 8 2 3 3 6 7 9
ジャマイカ 8 1 4 3 6 10 7
エルサルバドル 8 1 3 4 4 10 6
ホンジュラス 8 0 3 5 5 15 3

関連データ
 2022年W杯・北中米カリブ海予選



パラグアイ代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、ウルグアイとのホーム戦(1/27:会場アスンシオン)とブラジルとのアウェー戦(2/1:会場ベロオリゾンテ)に向けた代表メンバー発表。

 ギジェルモ・バロス・スケロット監督は、29名を選出。
 国内クラブから7名が追加された。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



国際親善試合

モルドバ 0-4 韓国
イラク 1-0 ウガンダ
ボリビア 5-0 トリニダードトバゴ
日本  ウズベキスタン (中止)

関連データ
 2022年W杯・アジア予選
 2022年W杯・南米予選



パナマ代表メンバー発表

 2022年W杯北中米カリブ海・最終予選、コスタリカとのアウェー戦(1/27:会場サン・ホセ)、ジャマイカとのホーム戦(1/30:会場パナマシティ)、メキシコとのアウェー戦(2/2:会場メキシコシティ)に向けた代表メンバー発表。

 トーマス・クリスチャンセン監督は、30名を選出。

2022年W杯・北中米カリブ海最終予選
最終予選 試合 得点 失点 勝点
カナダ 8 4 4 0 13 5 16
アメリカ 8 4 3 1 12 5 15
メキシコ 8 4 2 2 11 7 14
パナマ 8 4 2 2 11 9 14
コスタリカ 8 2 3 3 6 7 9
ジャマイカ 8 1 4 3 6 10 7
エルサルバドル 8 1 3 4 4 10 6
ホンジュラス 8 0 3 5 5 15 3

関連データ
 2022年W杯・北中米カリブ海予選



アフリカネーションズカップ2023・予選大会:組み合わせ抽選会:結果

 CAFは21日、2023年アフリカネーションズカップ・コートジボワール大会:予選大会の組み合わせ抽選会をドゥアラ(カメルーン)で行った。

※GMT15:00(日本時間翌0:00)から
LIVE (YouTube)

AFCON2023・予選大会:予備予選ポット分け
ポット1 レソト、エスワティニ、ボツワナ、ガンビア、南スーダン、モーリシャス
ポット2 チャド、サントメ・プリンシペ、ジブチ、ソマリア、セーシェル、エリトリア

AFCON2023・予選大会:予備予選組み合わせ抽選結果(ポット2のチームが1stレグホーム戦)
エリトリア - ボツワナ
サントメ・プリンシペ - モーリシャス
ジブチ - 南スーダン
セーシェル - レソト
ソマリア - エスワティニ
チャド - ガンビア
※勝者6チームがグループステージ進出。
※グループステージは予備予選勝者6チームがランキング上位42チームに加わって4チーム×12グループのリーグ戦を行なう。 各グループ上位2チーム(24チーム)が本大会出場権を獲得する。

関連データ
※アフリカネーションズカップ2023予選大会

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月21日

オーストラリア代表メンバー発表

 2022年W杯アジア最終予選グループB、ベトナムとのホーム戦(1/27:会場メルボルン)とオマーンとのアウェー戦(2/1:会場マスカット)に向けた代表メンバー発表。

 グラハム・アーノルド監督は、25名を選出。
 FWマルコ・ティリオ(メルボルン・シティ所属)、DFキー・ロールズ(セントラル・コースト所属)、DFジョエル・キング(シドニーFC所属)が初招集。

2022年W杯・アジア最終予選
グループB 試合 得点 失点 勝点
サウジアラビア 6 5 1 0 9 3 16
日本 6 4 0 2 5 3 12
オーストラリア 6 3 2 1 9 4 11
オマーン 6 2 1 3 6 7 7
中国 6 1 2 3 7 11 5
ベトナム 6 0 0 6 4 12 0

関連データ
 2022年W杯・アジア最終予選



ウルグアイ代表外国クラブ所属メンバー発表

 2022年W杯南米予選、パラグアイとのアウェー戦(1/27:会場アスンシオン)とベネズエラとのホーム戦(2/1:会場モンテビデオ)に向けた代表メンバー発表。

 ディエゴ・アロンソ監督は、国外のクラブでプレーする24名を選出。
 国内クラブ所属の選手は週末明けに招集される予定。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



メキシコ代表メンバー発表

 2022年W杯北中米カリブ海・最終予選、ジャマイカとのアウェー戦(1/27:会場キングストン)、コスタリカとのホーム戦(1/30:会場メキシコシティ)、パナマとのホーム戦(2/2:会場メキシコシティ)に向けた代表メンバー発表。

 ヘラルド・マルティノ監督は、30名を選出。

2022年W杯・北中米カリブ海最終予選
最終予選 試合 得点 失点 勝点
カナダ 8 4 4 0 13 5 16
アメリカ 8 4 3 1 12 5 15
メキシコ 8 4 2 2 11 7 14
パナマ 8 4 2 2 11 9 14
コスタリカ 8 2 3 3 6 7 9
ジャマイカ 8 1 4 3 6 10 7
エルサルバドル 8 1 3 4 4 10 6
ホンジュラス 8 0 3 5 5 15 3

関連データ
 2022年W杯・北中米カリブ海予選



国際親善試合


アフリカネーションズカップ2021

●グループE
 ・コートジボワール 3-1 アルジェリア
 ・シエラレオネ 0-1 赤道ギニア

●グループF
 ・ガンビア 1-0 チュニジア
 ・マリ 2-0 モーリタニア

●グループリーグ ※決勝トーナメント
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 3 2 1 0 7 3 7
ブルキナファソ 3 1 1 1 3 3 4
カーボベルデ 3 1 1 1 2 2 4
エチオピア 3 0 1 2 2 6 1

グループB 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 1 2 0 1 0 5
ギニア 3 1 1 1 2 2 4
マラウィ 3 1 1 1 2 2 4
ジンバブエ 3 1 0 2 3 4 3

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 3 2 1 0 5 2 7
ガボン 3 1 2 0 4 3 5
コモロ 3 1 0 2 3 5 3
ガーナ 3 0 1 2 3 5 1

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 3 3 0 0 6 1 9
エジプト 3 2 0 1 2 1 6
スーダン 3 0 1 2 1 4 1
ギニアビサウ 3 0 1 2 0 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 3 2 1 0 6 3 7
赤道ギニア 3 2 0 1 2 1 6
シエラレオネ 3 0 2 1 2 3 2
アルジェリア 3 0 1 2 1 4 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
マリ 3 2 1 0 4 1 7
ガンビア 3 2 1 0 3 1 7
チュニジア 3 1 0 2 4 2 3
モーリタニア 3 0 0 3 0 7 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月20日

アフリカネーションズカップ2021

●グループD
 ・ギニアビサウ 0-2 ナイジェリア
 ・エジプト 1-0 スーダン

●グループリーグ ※決勝トーナメント
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 3 2 1 0 7 3 7
ブルキナファソ 3 1 1 1 3 3 4
カーボベルデ 3 1 1 1 2 2 4
エチオピア 3 0 1 2 2 6 1

グループB 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 1 2 0 1 0 5
ギニア 3 1 1 1 2 2 4
マラウィ 3 1 1 1 2 2 4
ジンバブエ 3 1 0 2 3 4 3

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 3 2 1 0 5 2 7
ガボン 3 1 2 0 4 3 5
コモロ 3 1 0 2 3 5 3
ガーナ 3 0 1 2 3 5 1

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 3 3 0 0 6 1 9
エジプト 3 2 0 1 2 1 6
スーダン 3 0 1 2 1 4 1
ギニアビサウ 3 0 1 2 0 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 2 1 1 0 3 2 4
赤道ギニア 2 1 0 1 1 1 3
シエラレオネ 2 0 2 0 2 2 2
アルジェリア 2 0 1 1 0 1 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 2 1 1 0 2 1 4
マリ 2 1 1 0 2 1 4
チュニジア 2 1 0 1 4 1 3
モーリタニア 2 0 0 2 0 5 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



コロンビア代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、ペルーとのホーム戦(1/28:会場バランキージャ)とアルゼンチンとのアウェー戦(2/1:会場ブエノスアイレス)に向けた代表メンバー発表。

 レイナルド・ルエダ監督は、28名を選出。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



アルゼンチン代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、チリとのアウェー戦(1/27:会場カラマ)とコロンビアとのホーム戦(2/1:会場ブエノスアイレス)に向けた代表メンバー発表。

 リオネル・スカローニ監督は、27名を選出。
 新型コロナウィルス感染からの回復後間もないFWリオネル・メッシ(PSG所属)は選出されていない。
 負傷から回復中のDFクリスティアン・ロメロ(トッテナム所属)も選出されなかった。
 

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



2022年1月19日

チリ代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、アルゼンチンとのホーム戦(1/27:会場カラマ)とボリビアとのアウェー戦(2/1:会場ラパス)に向けた代表メンバー発表。

 マルティン・ラサルテ監督は、29名を選出。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



アフリカネーションズカップ2021

●グループB
 ・マラウィ 0-0 セネガル
 ・ジンバブエ 2-1 ギニア

●グループC
 ・ガボン 2-2 モロッコ
 ・ガーナ 2-3 コモロ

●グループリーグ ※決勝トーナメント
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 3 2 1 0 7 3 7
ブルキナファソ 3 1 1 1 3 3 4
カーボベルデ 3 1 1 1 2 2 4
エチオピア 3 0 1 2 2 6 1

グループB 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 1 2 0 1 0 5
ギニア 3 1 1 1 2 2 4
マラウィ 3 1 1 1 2 2 4
ジンバブエ 3 1 0 2 3 4 3

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 3 2 1 0 5 2 7
ガボン 3 1 2 0 4 3 5
コモロ 3 1 0 2 3 5 3
ガーナ 3 0 1 2 3 5 1

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 2 2 0 0 4 1 6
エジプト 2 1 0 1 1 1 3
ギニアビサウ 2 0 1 1 0 1 1
スーダン 2 0 1 1 1 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 2 1 1 0 3 2 4
赤道ギニア 2 1 0 1 1 1 3
シエラレオネ 2 0 2 0 2 2 2
アルジェリア 2 0 1 1 0 1 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 2 1 1 0 2 1 4
マリ 2 1 1 0 2 1 4
チュニジア 2 1 0 1 4 1 3
モーリタニア 2 0 0 2 0 5 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



国際親善試合

モルドバ 2-3 ウガンダ
◆国際親善試合(1/18:アンタルヤ(トルコ))
モルドバ 2−1 ウガンダ
0−2
C. Mandricenco 10'
Mihail Platica 14'
1-0
2-0
2-1
2-2
2-3


34' Patrick Kaddu(PK)
64' Milton Karisa
75' Patrick Kaddu(PK)


2022年1月18日

ザ・ベストFIFAアウォーズ2021:データ

2021年最優秀選手順位
ワールドイレブン

●最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)
●最優秀女性選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)
●最優秀監督:各代表主将/監督・メディア投票監督一覧 (FIFA内PDFファイル)
●最優秀女性チーム監督:各代表主将/監督・メディア投票監督一覧 (FIFA内PDFファイル)
●最優秀GK:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)
●最優秀女性GK:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)


ザ・ベストFIFAアウォーズ2021結果

 FIFA(国際サッカー連盟)は17日、ザ・ベストFIFAアウォーズ2021(The Best FIFA Football Awards 2021)をチューリッヒ(スイス)でバーチャルイベントとして開催した。

※CEST19:00(日本時間翌3:00)から
LIVE動画 (YouTube)

◆カテゴリ:受賞者
 ●年間最優秀選手:
  ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
 ●年間最優秀女性選手:
  アレクシア・プテジャス(スペイン/バルセロナ)
 ●年間最優秀監督:
  トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー)
 ●年間最優秀女性チーム監督:
  エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー)
 ●年間最優秀GK:
  エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)
 ●年間最優秀女性GK:
  クリスティアネ・エンドラー(チリ/PSG→リヨン)
 ●プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞):
  エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム) YouTube
 ●ファン賞:
  デンマークとフィンランドのファン
  (EURO2020・グループB・デンマーク対フィンランド戦でデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンがピッチ上で倒れ、救急搬送された。 スタジアムでエリクセンの回復情報を待つ間、フィンランドファンが「クリスチャン!」と叫び、デンマークファンが「エリクセン!」と呼応した。)
 ●フェアプレー賞:
  デンマーク代表チーム・メディカルスタッフ・コーチングスタッフ
 ●FIFA/FIFProワールドイレブン:
  GK:ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン→PSG)
  DF:ダヴィド・アラバ(オーストリア/バイエルン→R・マドリード)
  DF:レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス)
  DF:ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
  MF:ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
  MF:ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)
  MF:エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス→マンチェスター・U)
  FW:アーリング・ホーラン(ノルウェー/ドルトムント)
  FW:ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
  FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ→PSG)
 ●FIFA/FIFPro女子ワールドイレブン:
  GK:クリスティアネ・エンドラー(チリ/PSG→リヨン)
  DF:ミリー・ブライト(イングランド/チェルシー)
  DF:ルーシー・ブロンズ(イングランド/マンチェスター・C)
  DF:マグダレーナ・エリクソン(スウェーデン/チェルシー)
  DF:ワンディ・ルナール(フランス/リヨン)
  MF:エステファニア・バニーニ(アルゼンチン/レバンテ→A・マドリード)
  MF:バルバラ・ボナンセア(イタリア/ユベントス)
  MF:カーリ・ロイド(アメリカ/NJ/NYゴッサム)
  FW:マルタ(ブラジル/オーランド・プライド)
  FW:フィフィアネ・ミーデマ(オランダ/アーセナル)
  FW:アレックス・モーガン(アメリカ/トッテナム→オーランド→サンディエゴ)
 ●特別賞:
  クリスティン・シンクレア(カナダ)
 ●特別賞:
  クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)

2021年最優秀選手候補11名リスト
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 ロベルト・レヴァンドフスキ ポーランド バイエルン・ミュンヘン 48
2 リオネル・メッシ アルゼンチン バルセロナ→PSG 44
3 モハメド・サラー エジプト リバプール 39
4 カリム・ベンゼマ フランス レアル・マドリード 30
5 エンゴロ・カンテ フランス チェルシー 24
6 ジョルジーニョ イタリア チェルシー 24
7 クリスチアーノ・ロナウド ポルトガル ユベントス→マンチェスター・U 23
8 キリアン・エンバペ フランス パリ・サンジェルマン 16
9 ケビン・デ・ブライネ ベルギー マンチェスター・シティ 11
10 ネイマール ブラジル パリ・サンジェルマン 10
11 アーリング・ホーラン ノルウェー ドルトムント 7

●2021年最優秀女性選手候補13名リスト
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 アレクシア・プテジャス スペイン バルセロナ 52
2 サマンサ・カー オーストラリア チェルシー 38
3 ジェニファー・エルモソ スペイン バルセロナ 33
4 フィフィアネ・ミーデマ オランダ アーセナル 30
5 クリスティン・シンクレア カナダ ポートランド・ソーンズ 28
6 アイタナ・ボンマティ スペイン バルセロナ 26
7 ルーシー・ブロンズ イングランド マンチェスター・シティ 16
8 マグダレーナ・エリクソン スウェーデン チェルシー 15
9 キャロライン・グラハム・ハンセン ノルウェー バルセロナ 12
10 ペルニレ・ハルダー デンマーク チェルシー 10
11 エレン・ホワイト イングランド マンチェスター・シティ 9
12 スティーナ・ブラックステニウス スウェーデン ハッケン 5
13 チ・ソヨン 韓国 チェルシー 4

●2021年最優秀監督候補7名リスト
監督 国籍 代表 or クラブ ポイント
1 トーマス・トゥヘル ドイツ チェルシー 28
2 ロベルト・マンチーニ イタリア イタリア代表 15
3 ペップ・グアルディオラ スペイン マンチェスター・シティ 14
4 リオネル・スカローニ アルゼンチン アルゼンチン代表 7
5 ハンジ・フリック ドイツ バイエルン→ドイツ代表 6
6 ディエゴ・シメオネ アルゼンチン アトレチコ・マドリード 1
7 アントニオ・コンテ イタリア インテル→トッテナム 1

●2021年最優秀女性チーム監督候補5名リスト
監督 国籍 代表 or クラブ ポイント
1 エマ・ヘイズ イングランド チェルシー 22
2 リュイス・コルテス スペイン バルセロナ 19
3 サリナ・ヴィーグマン オランダ オランダ代表→イングランド代表 14
4 ベヴァリー・プリーストマン イングランド カナダ代表 13
5 ペーター・イェルハルドソン スウェーデン スウェーデン代表 4

●2021年最優秀GK候補5名リスト
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 エドゥアール・メンディ セネガル チェルシー 24
2 ジャンルイジ・ドンナルンマ イタリア ミラン→PSG 24
3 マヌエル・ノイアー ドイツ バイエルン・ミュンヘン 12
4 アリソン ブラジル リバプール 8
5 カスパー・シュマイケル デンマーク レスター 4
※メンディとドンナルンマが得票24ポイントで並んだが、代表キャプテンの投票の多さでメンディが受賞。

●2021年最優秀女性GK候補6名リスト
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 クリスティアネ・エンドラー チリ PSG→リヨン 26
2 ステファニー・ラブベ カナダ ローゼンゴール→PSG 20
3 アン・カトリン・ベルガー ドイツ チェルシー 14
4 ヘドヴィグ・リンダール スウェーデン アトレチコ・マドリード 7
5 アリッサ・ネイハー アメリカ シカゴ・レッドスターズ 5

●プスカシュ賞候補11名
選手 試合 ポイント
1 エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム) YouTube アーセナル対トッテナム(プレミアリーグ:2021/3/14) 22
2 メフディ・タレミ(イラン/FCポルト) YouTube チェルシー対ポルト(UEFAチャンピオンズリーグ:2021/4/13) 21
3 パトリク・シック(チェコ) YouTube チェコ対スコットランド(EURO2020:2021/6/14) 21
ルイス・ディアス(コロンビア) YouTube ブラジル対コロンビア(コパ・アメリカ:2021/6/23)
ゴティエ・ハイン(フランス/オセール) YouTube シャモア・ニオール対オセール(リーグ2:2021/4/10)
ヴァレンティノ・ラザロ(オーストリア/ボルシアMG) YouTube レバークーゼン対ボルシアMG(ブンデスリーガ:2020/11/8)
リヤド・マフレズ(アルジェリア) YouTube ジンバブエ対アルジェリア(アフリカネーションズカップ予選:2020/11/16)
サンドラ・オウス・アンサー(ガーナ/シュプリーム・レディース) YouTube クマシ・スポーツ・アカデミー対シュプリーム(ガーナ女子プレミアリーグ:2021/5/8)
ヴァンゲリス・パヴリディス(ギリシャ/ヴィレムII) YouTube ヴィレムII対フォルトゥナ・シッタート(エールディヴィジ:2021/5/16)
ダニエラ・サンチェス(メキシコ/ケレタロ) YouTube ケレタロ対アトレティコ・サンルイス(リーガMXフェルメニル:2021/1/16)
キャロライン・ウィアー(スコットランド/マンチェスター・シティWFC) YouTube マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッド(FA女子スーパーリーグ:2021/2/12)

●ファン賞候補リスト
候補 概要 得票率
1 デンマークとフィンランドのファン EURO2020・グループB・デンマーク対フィンランド戦でデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンがピッチ上で倒れ、救急搬送された。 スタジアムでエリクセンの回復情報を待つ間、フィンランドファンが「クリスチャン!」と叫び、デンマークファンが「エリクセン!」と呼応した。  42.07%
2 イモージェン・パップワース・ハイデル(イングランド/11歳の少女) 新型コロナウィルスの影響を受けたイギリスの労働者への義援金を募るため、キーピーアッピー(リフティング)・チャレンジを企画。 プロサッカー選手などの協力を受けて710万回のキーピーアッピーに到達した。
彼女は4月、労働者1人に対して1回キーピーアッピーを行なうことをスタート。 自分だけでは目標を達成できないと思い協力を求めた。 2000のスポーツクラブ、学校、そしてイングランド女子代表DFルーシー・ブロンズやイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードなどのサッカー選手がそれ応えた。 彼女自身、ロックダウンと夏休みの期間に1日あたり7,000回以上、トータル1,123,586回を達成した。
30.46%
3 ドイツのファン 170人以上の命を奪い、150人以上が行方不明になったドイツの壊滅的な洪水被害者を援助しようと、国内のクラブファンが金銭・食料・その他物資を集め支援した。 27.47%

●フェアプレー賞候補リスト
候補
1 デンマーク代表チーム・メディカルスタッフ・コーチングスタッフ
クラウディオ・ラニエリ(イタリア)
スコット・ブラウン(スコットランド)

2021年FIFA/FIFProベストイレブン候補23名リスト
選手 国籍 所属クラブ
GK (3名)
アリソン ブラジル リバプール
ジャンルイジ・ドンナルンマ イタリア ミラン→PSG
エドゥアール・メンディ セネガル チェルシー
DF (6名)
ダヴィド・アラバ オーストリア バイエルン→レアル・マドリード
ジョルディ・アルバ スペイン バルセロナ
トレント・アレクサンダー・アーノルド イングランド リバプール
ダニエウ・アウヴェス ブラジル サンパウロ
レオナルド・ボヌッチ イタリア ユベントス
ルベン・ディアス ポルトガル マンチェスター・シティ
MF (6名)
セルヒオ・ブスケツ スペイン バルセロナ
ケビン・デ・ブライネ ベルギー マンチェスター・シティ
ブルーノ・フェルナンデス ポルトガル マンチェスター・ユナイテッド
フレンキー・デ・ヨング オランダ バルセロナ
ジョルジーニョ イタリア チェルシー
エンゴロ・カンテ フランス チェルシー
FW (8名)
カリム・ベンゼマ フランス レアル・マドリード
クリスチアーノ・ロナウド ポルトガル ユベントス→マンチェスター・U
アーリング・ホーラン ノルウェー ドルトムント
ロベルト・レヴァンドフスキ ポーランド バイエルン・ミュンヘン
ロメル・ルカク ベルギー インテル→チェルシー
キリアン・エンバペ フランス パリ・サンジェルマン
リオネル・メッシ アルゼンチン バルセロナ→PSG
ネイマール ブラジル パリ・サンジェルマン

●2021年FIFA/FIFPro女子ベストイレブン候補23名リスト
選手 国籍 所属クラブ
GK (3名)
ラウラ・ベンカルト ドイツ バイエルン・ミュンヘン
アン・カトリン・ベルガー ドイツ チェルシー
クリスティアネ・エンドラー チリ PSG→リヨン
DF (7名)
ミリー・ブライト イングランド チェルシー
ルーシー・ブロンズ イングランド マンチェスター・シティ
カデイシャ・ブキャナン カナダ オリンピック・リヨン
エリー・カーペンター オーストラリア オリンピック・リヨン
マグダレーナ・エリクソン スウェーデン チェルシー
イレーネ・パレデス スペイン バルセロナ
ワンディ・ルナール フランス オリンピック・リヨン
MF (6名)
エステファニア・バニーニ アルゼンチン レバンテ→アトレチコ・マドリード
バルバラ・ボナンセア イタリア ユベントス
アイタナ・ボンマティ スペイン バルセロナ
デルフィーヌ・カスカリーノ フランス オリンピック・リヨン
カーリ・ロイド アメリカ NJ/NYゴッサム
アレクシア・プテジャス スペイン バルセロナ
FW (7名)
ペルニレ・ハーダー デンマーク チェルシー
サマンサ・カー オーストラリア チェルシー
マルタ ブラジル オーランド・プライド
フィフィアネ・ミーデマ オランダ アーセナル
アレックス・モーガン アメリカ トッテナム→オーランド→サンディエゴ
ガブリエレ・ウングネ カメルーン CSKAモスクワ
ミーガン・ラピノー アメリカ OLレイン

関連データ
●2021年FIFA各賞結果
 ・年間最優秀選手:
  ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
 ・年間最優秀女性選手:
  アレクシア・プテジャス(スペイン/バルセロナ)
 ・年間最優秀監督:
  トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー)
 ・年間最優秀女性チーム監督:
  エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー)
 ・年間最優秀GK:
  エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)
 ・年間最優秀女性GK:
  クリスティアネ・エンドラー(チリ/PSG→リヨン)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞):
  エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム) YouTube
 ・ファン賞:
  デンマークとフィンランドのファン
  (EURO2020・グループB・デンマーク対フィンランド戦でデンマーク代表MFクリスチャン・エリクセンがピッチ上で倒れ、救急搬送された。 スタジアムでエリクセンの回復情報を待つ間、フィンランドファンが「クリスチャン!」と叫び、デンマークファンが「エリクセン!」と呼応した。)
 ・フェアプレー賞:
  デンマーク代表チーム・メディカルスタッフ・コーチングスタッフ
 ・FIFA/FIFProワールドイレブン:
  GK:ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン→PSG)
  DF:ダヴィド・アラバ(オーストリア/バイエルン→R・マドリード)
  DF:レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユベントス)
  DF:ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
  MF:ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
  MF:ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)
  MF:エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス→マンチェスター・U)
  FW:アーリング・ホーラン(ノルウェー/ドルトムント)
  FW:ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
  FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ→PSG)
 ・FIFA/FIFPro女子ワールドイレブン:
  GK:クリスティアネ・エンドラー(チリ/PSG→リヨン)
  DF:ミリー・ブライト(イングランド/チェルシー)
  DF:ルーシー・ブロンズ(イングランド/マンチェスター・C)
  DF:マグダレーナ・エリクソン(スウェーデン/チェルシー)
  DF:ワンディ・ルナール(フランス/リヨン)
  MF:エステファニア・バニーニ(アルゼンチン/レバンテ→A・マドリード)
  MF:バルバラ・ボナンセア(イタリア/ユベントス)
  MF:カーリ・ロイド(アメリカ/NJ/NYゴッサム)
  FW:マルタ(ブラジル/オーランド・プライド)
  FW:フィフィアネ・ミーデマ(オランダ/アーセナル)
  FW:アレックス・モーガン(アメリカ/トッテナム→オーランド→サンディエゴ)
 ・特別賞:
  クリスティン・シンクレア(カナダ)
 ・特別賞:
  クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)

●2020年FIFA各賞結果
 ・年間最優秀選手:
  ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン・ミュンヘン)
 ・年間最優秀女性選手:
  ルーシー・ブロンズ(イングランド/オリンピック・リヨン→マンチェスター・シティ)
 ・年間最優秀監督:
  ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール)
 ・年間最優秀女性チーム監督:
  サリナ・ヴィーグマン(オランダ/オランダ代表)
 ・年間最優秀GK:
  マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
 ・年間最優秀女性GK:
  サラ・ブアディ(フランス/パリ・サンジェルマン)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞):
  ソン・フンミン(韓国/トッテナム) YouTube
 ・ファン賞
  マリヴァルド・フランシスコ・ダ・シルバ(ブラジル/レシフェファン:レシフェの本拠地イリャ・ド・レチロまで60kmの距離を徒歩で11時間かけて移動し試合を観戦。)
 ・フェアプレー賞:
  マッティア・アグネーゼ(イタリア/オスペダレッティ:ピッチに倒れた対戦相手を迅速に処置し命を救った。)
 ・FIFA/FIFProワールドイレブン:
  GK:アリソン(ブラジル/リバプール)
  DF:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール)
  DF:セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリード)
  DF:トレント・アレクサンダー・アーノルド(イングランド/リバプール)
  DF:アルフォンソ・デイヴィス(カナダ/バイエルン・ミュンヘン)
  MF:チアゴ・アルカンタラ(スペイン/バイエルン・ミュンヘン→リバプール)
  MF:ヨシュア・キミッヒ(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  MF:ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
  FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス)
  FW:ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン・ミュンヘン)
 ・FIFA/FIFPro女子ワールドイレブン:
  GK:クリスティアネ・エンドラー(チリ/パリ・サンジェルマン)
  DF:ルーシー・ブロンズ(イングランド/オリンピック・リヨン→マンチェスター・シティ)
  DF:ワンディ・ルナール(フランス/オリンピック・リヨン)
  DF:ミリー・ブライト(イングランド/チェルシー)
  MF:デルフィーヌ・カスカリーノ(フランス/オリンピック・リヨン)
  MF:バルバラ・ボナンセア(イタリア/ユベントス)
  MF:ベロニカ・ボケーテ(スペイン/ACミラン)
  FW:ペルニレ・ハーダー(デンマーク/チェルシー)
  FW:フィフィアネ・ミーデマ(オランダ/アーセナル)
  FW:トビン・ヒース(アメリカ/マンチェスター・ユナイテッド)
  FW:ミーガン・ラピノー(アメリカ/OLレイン)

●2019年FIFA各賞結果
 ・年間最優秀選手:
  リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
 ・年間最優秀女性選手:
  ミーガン・ラピノー(アメリカ/レインFC)
 ・年間最優秀監督:
  ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール)
 ・年間最優秀女性チーム監督:
  ジル・エリス(アメリカ/アメリカ代表)
 ・年間最優秀GK:
  アリソン(ブラジル/リバプール)
 ・年間最優秀女性GK:
  サリ・ファン・フェーネンダール(オランダ/アーセナル→アトレチコ・マドリード)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞):
  ダーニエル・ジョーリ(ハンガリー/デブレツェン)
 ・ファン賞:
  シルヴィア・グレッコ(ブラジル/パルメイラスのサポーター:盲目で自閉症の息子ニコラス君のために観客席の隣に座って試合を実況)
 ・フェアプレー賞:
  マルセロ・ビエルサ監督とリーズ・ユナイテッドメンバー
 ・FIFA/FIFProワールドイレブン:
  GK:アリソン(ブラジル/リバプール)
  DF:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール)
  DF:セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリード)
  DF:マルセロ(ブラジル/レアル・マドリード)
  DF:マタイス・デ・リフト(オランダ/アヤックス→ユベントス)
  MF:フレンキー・デ・ヨング(オランダ/アヤックス→バルセロナ)
  MF:ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
  MF:エデン・アザール(ベルギー/チェルシー→レアル・マドリード)
  FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス)
  FW:キリアン・エンバペ(フランス/パリSG)
 ・FIFA/FIFPro女子ワールドイレブン:
  GK:サリ・ファン・フェーネンダール(オランダ/アーセナル→アトレチコ・マドリード)
  DF:ワンディ・ルナール(フランス/オリンピック・リヨン)
  DF:ルーシー・ブロンズ(イングランド/オリンピック・リヨン)
  DF:ケリー・オハラ(アメリカ/ユタ・ロイヤルズ)
  DF:ニラ・フィッシャー(スウェーデン/ボルフスブルク→リンシェーピング)
  MF:アマンディーヌ・アンリ(フランス/オリンピック・リヨン)
  MF:ローズ・ラヴェル(アメリカ/ワシントン・スピリット)
  MF:ジュリー・アーツ(アメリカ/シカゴ・レッドスターズ)
  FW:アレックス・モーガン(アメリカ/オーランド・プライド)
  FW:ミーガン・ラピノー(アメリカ/レインFC)
  FW:マルタ(ブラジル/オーランド・プライド)

●2018年FIFA各賞結果
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player 2018):
  ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player 2018):
  マルタ(ブラジル/オーランド・プライド)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach 2018):
  ディディエ・デシャン(フランス/フランス代表監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach 2018):
  レイナール・ペドロス(フランス/オリンピック・リヨン監督)
 ・年間最優秀GK (The Best FIFA Goalkeeper Award 2018)
  ティボー・クルトワ(ベルギー/チェルシー→レアル・マドリード)
 ・プスカシュ賞(最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award 2018):
  モハメド・サラー(エジプト/リバプール対エバートン(イングランド・プレミアリーグ:2017/12/10))
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award 2018):
  ペルー代表のサポーター(9大会ぶりの出場となった2018年W杯での情熱的応援)
 ・フェアプレー賞(The FIFA Fair Play Award 2018):
  レンナート・ティー(ドイツ/VVVフェンロ:白血病患者への血液提供のため試合を欠場した)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:ダビド・デ・ヘア(スペイン/マンチェスター・ユナイテッド)
  DF:ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/パリSG)
  DF:ラファエル・ヴァラン(フランス/レアル・マドリード)
  DF:セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリード)
  DF:マルセロ(ブラジル/レアル・マドリード)
  MF:ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
  MF:エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
  MF:エデン・アザール(ベルギー/チェルシー)
  FW:リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:キリアン・エンバペ(フランス/パリSG)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード→ユベントス)

●2017年FIFA各賞結果
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player 2017):
  クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player 2017):
  レイケ・マルテンス(オランダ/バルセロナ・フェメニーノ)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach 2017):
  ジネディーヌ・ジダン(フランス/レアル・マドリード監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach 2017):
  サリナ・ヴィーグマン(オランダ/オランダ代表監督)
 ・年間最優秀GK (The Best FIFA Goalkeeper Award 2017)
  ジャンルイジ・ブッフォン (イタリア/ユベントス)
 ・プスカシュ賞(最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award 2017):
  オリヴィエ・ジルー(フランス/アーセナル対クリスタル・パレス(イングランド・プレミアリーグ:2017/1/1))
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award 2017):
  セルティックのサポーター(セルティック対ハーツ(スコットランド・プレミアシップ:2017/5/21))
 ・フェアプレー賞(The FIFA Fair Play Award 2017):
  フランシス・コネ(トーゴ/スロヴァコ→ズブロヨフカ・ブルノ)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:ジャンルイジ・ブッフォン (イタリア/ユベントス)
  DF:ダニエウ・アウヴェス (ブラジル/ユベントス→パリSG)
  DF:レオナルド・ボヌッチ (イタリア/ユベントス→ACミラン)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:マルセロ (ブラジル/レアル・マドリード)
  MF:トニ・クロース (ドイツ/レアル・マドリード)
  MF:ルカ・モドリッチ (クロアチア/レアル・マドリード)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:ネイマール (ブラジル/バルセロナ→パリSG)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)

●2016年FIFA各賞結果
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player 2016):
  クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player 2016):
  カーリ・ロイド (アメリカ/ヒューストン・ダッシュ)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach 2016):
  クラウディオ・ラニエリ (イタリア/レスター・シティ監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach 2016):
  ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表監督)
 ・プスカシュ賞(最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award 2016):
   モード・ファイズ・スブリ (マレーシア/ペナン対パハン(マレーシア・スーパーリーグ:2016/2/16))
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award 2016):
  ドルトムントとリバプールのサポーター (リバプール対ドルトムント(ヨーロッパリーグ準々決勝:2016/4/14))
 ・フェアプレー賞(The FIFA Fair Play Award 2016):
  アトレチコ・ナシオナル (コロンビア)
 ・オウトスタンディング・キャリア賞(The FIFA Award for an Outstanding Career 2016):
  ファルカン (ブラジル)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:マヌエル・ノイアー (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  DF:ダニエウ・アウヴェス (ブラジル/バルセロナ→ユベントス)
  DF:マルセロ (ブラジル/レアル・マドリード)
  DF:ジェラール・ピケ (スペイン/バルセロナ)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  MF:トニ・クロース (ドイツ/レアル・マドリード)
  MF:ルカ・モドリッチ (クロアチア/レアル・マドリード)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:ルイス・スアレス (ウルグアイ/バルセロナ)

●2015年FIFA各賞結果
 ・FIFAバロンドール (FIFA Ballon d'Or):
  リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
 ・年間最優秀女性選手 (FIFA women's world player of the year):
  カーリ・ロイド (アメリカ/ヒューストン・ダッシュ)
 ・年間最優秀監督 (FIFA coach of the year):
  ルイス・エンリケ (スペイン/バルセロナ監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (FIFA women's coach of the year):
  ジル・エリス (アメリカ/アメリカ代表監督)
 ・プスカシュ賞(最優秀ゴール賞(ファン投票)) (FIFA Puskas Award):
   ウェンデウ・リラ (ブラジル/ゴイアネシア:2015年3月11日ブラジルゴイアノ州選手権:アトレチコ・ゴイアニエンセ対ゴイアネシア)
 ・フェアプレー賞(FIFA Fair Play Award):
  難民を支援するすべてのサッカー組織
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:マヌエル・ノイアー (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  DF:ダニエウ・アウヴェス (ブラジル/バルセロナ)
  DF:マルセロ (ブラジル/レアル・マドリード)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:チアゴ・シウヴァ (ブラジル/パリ・サンジェルマン)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  MF:ルカ・モドリッチ (クロアチア/レアル・マドリード)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:ネイマール (ブラジル/バルセロナ)

●2014年FIFA各賞結果
 ・FIFAバロンドール (FIFA Ballon d'Or):
  クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
 ・年間最優秀女性選手 (FIFA women's world player of the year):
  ナディーネ・ケスラー (ドイツ/VfLボルフスブルク)
 ・年間最優秀監督 (FIFA coach of the year):
  ヨアヒム・レーヴ (ドイツ/ドイツ代表監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (FIFA women's coach of the year):
  ラルフ・ケラーマン (ドイツ/VfLボルフスブルク監督)
 ・プスカシュ賞(最優秀ゴール賞(ファン投票)) (FIFA Puskas Award):
  ハメス・ロドリゲス (コロンビア代表/ASモナコ→レアル・マドリード所属:2014年6月28日W杯2014決勝T1回戦コロンビア対ウルグアイ戦28分)
 ・フェアプレー賞(FIFA Fair Play Award):
  FIFA大会に関わった世界中のボランティアの皆さん
 ・FIFA会長賞 (FIFA Presidential Award):
  賀川浩 (日本/サッカージャーナリスト)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:マヌエル・ノイアー (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  DF:フィリップ・ラーム (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  DF:ダビジ・ルイス (ブラジル/チェルシー→パリ・サンジェルマン)
  DF:チアゴ・シウヴァ (ブラジル/パリ・サンジェルマン)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  MF:トニ・クロース (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン→レアル・マドリード)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  MF:アンヘル・ディ・マリア (アルゼンチン/レアル・マドリード→マンチェスター・ユナイテッド)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:アルイェン・ロッベン (オランダ/バイエルン・ミュンヘン)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)

●2013年FIFA各賞結果
 ・FIFAバロンドール (FIFA Ballon d'Or):
  クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
 ・年間最優秀女性選手 (FIFA women's world player of the year):
  ナディーネ・アンゲラー (ドイツ/ブリスベーン・ロアー)
 ・年間最優秀監督 (FIFA coach of the year):
  ユップ・ハインケス (ドイツ/元バイエルン・ミュンヘン監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (FIFA women's coach of the year):
  ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表監督)
 ・プスカシュ賞(最も美しいゴール賞(ファン投票)) (FIFA Puskas Award):
  ズラタン・イブラヒモビッチ (スウェーデン代表/パリ・サンジェルマン所属:2012年11月14日国際親善試合スウェーデン対イングランド戦)
 ・フェアプレー賞(FIFA Fair Play Award):
  アフガニスタンサッカー協会
 ・FIFA会長賞 (FIFA Presidential Award):
  ジャック・ロゲ (ベルギー/国際オリンピック委員会名誉会長)
 ・バロンドール名誉賞 (FIFA Ballon d'Or Prix d'Honneur)
  ペレ (ブラジル)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:マヌエル・ノイアー (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  DF:フィリップ・ラーム (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:チアゴ・シウヴァ (ブラジル/パリ・サンジェルマン)
  DF:ダニエウ・アウヴェス (ブラジル/バルセロナ)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  MF:シャビ・エルナンデス (スペイン/バルセロナ)
  MF:フランク・リベリー (フランス/バイエルン・ミュンヘン)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:ズラタン・イブラヒモビッチ (スウェーデン/パリ・サンジェルマン)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)

●2012年FIFA各賞結果
 ・FIFAバロンドール (FIFA Ballon d'Or):
  リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
 ・年間最優秀女性選手 (FIFA women's world player of the year):
  アビー・ワンバック (アメリカ/無所属)
 ・年間最優秀監督 (FIFA coach of the year):
  ビセンテ・デル・ボスケ (スペイン/スペイン代表監督)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (FIFA women's coach of the year):
  ピア・スンドハーゲ (スウェーデン/アメリカ代表監督)
 ・プスカシュ賞(最も美しいゴール賞(ファン投票)) (FIFA Puskas Award):
  ミロスラフ・ストッフ (フェネルバフチェ所属:2012年3月3日フェネルバフチェ対ゲンチレルビルリイ戦)
 ・フェアプレー賞(FIFA Fair Play Award):
  ウズベキスタンサッカー協会
 ・FIFA会長賞 (FIFA Presidential Award):
  フランツ・ベッケンバウアー (元ドイツ代表DF・元ドイツ代表監督)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:イケル・カシージャス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:ダニエウ・アウヴェス (ブラジル/バルセロナ)
  DF:マルセロ (ブラジル/レアル・マドリード)
  DF:ジェラール・ピケ (スペイン/バルセロナ)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  MF:シャビ・アロンソ (スペイン/レアル・マドリード)
  MF:シャビ・エルナンデス (スペイン/バルセロナ)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:ラダメル・ファルカオ (コロンビア/アトレチコ・マドリード)

●2011年FIFA各賞結果
 ※FIFAバロンドール (FIFA Ballon d'Or):
  リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
 ※年間最優秀女性選手 (FIFA women's world player of the year):
  沢穂希 (日本/INAC神戸レオネッサ)
 ※年間最優秀監督 (FIFA coach of the year):
  ペップ・グアルディオラ (スペイン/バルセロナ監督)
 ※年間最優秀女性チーム監督 (FIFA women's coach of the year):
  佐々木則夫 (日本/日本代表監督)
 ※プスカシュ賞(最も美しいゴール賞(ファン投票)) (FIFA Puskas Award):
  ネイマール (2011年7月27日:サントス対フラメンゴ戦)
 ※フェアプレー賞(FIFA Fair Play Award):
  日本サッカー協会
 ※FIFA会長賞 (FIFA Presidential Award):
  アレックス・ファーガソン (スコットランド/マンチェスター・ユナイテッド監督)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:イケル・カシージャス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:ダニエウ・アウヴェス (ブラジル/バルセロナ)
  DF:ジェラール・ピケ (スペイン/バルセロナ)
  DF:セルヒオ・ラモス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:ネマニャ・ビディッチ (セルビア/マンチェスター・ユナイテッド)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  MF:シャビ・アロンソ (スペイン/レアル・マドリード)
  MF:シャビ・エルナンデス (スペイン/バルセロナ)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:ウェイン・ルーニー (イングランド/マンチェスター・ユナイテッド)

●2010年FIFA各賞結果
 ※FIFAバロンドール (FIFA Ballon d'Or):
  リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
 ※年間最優秀女性選手 (FIFA women's world player of the year):
  マルタ (ブラジル)
 ※年間最優秀監督 FIFA coach of the year):
  ジョゼ・モウリーニョ (インテル→レアル・マドリード監督)
 ※年間最優秀女性監督 (FIFA women's coach of the year):
  ジルヴィア・ナイト (ドイツ女子代表監督)
 ※プスカシュ賞(最も美しいゴール賞(ファン投票)) (FIFA Puskas Award):
  ハミト・アルティントップ (トルコ代表:2010年9月3日ユーロ2012予選グループA、カザフスタン戦26分のゴール)
 ※フェアプレー賞(FIFA Fair Play Award):
  ハイチU-17女性代表チーム
 ※FIFA会長賞 (FIFA Presidential Award):
  デズモンド・ツツ (南アフリカの平和運動家:2010年ワールドカップ・南アフリカ大会開催に尽力)
 ※FIFA/FIFPro世界イレブン (FIFA/FIFPro World XI):
  GK:イケル・カシージャス (スペイン/レアル・マドリード)
  DF:マイコン (ブラジル/インテル)
  DF:ルッシオ (ブラジル/インテル)
  DF:ジェラール・ピケ (スペイン/バルセロナ)
  DF:カルレス・プジョル (スペイン/バルセロナ)
  MF:ウェズレイ・スナイデル (オランダ/インテル)
  MF:シャビ・エルナンデス (スペイン/バルセロナ)
  MF:アンドレス・イニエスタ (スペイン/バルセロナ)
  FW:リオネル・メッシ (アルゼンチン/バルセロナ)
  FW:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/レアル・マドリード)
  FW:ダビド・ビジャ (スペイン/バレンシア→バルセロナ)


過去のFIFA年間最優秀選手賞受賞選手一覧
 ※2021年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (ロベルト・レヴァンドフスキ/ポーランド)
 ※2021年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2020年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (ロベルト・レヴァンドフスキ/ポーランド)
 ※2020年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2019年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2019年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2018年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (ルカ・モドリッチ/クロアチア)
 ※2018年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2017年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2017年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2016年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2016年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2009年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2009年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2008年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2008年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2007年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (カカ/ブラジル)
 ※2007年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2006年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ファビオ・カンナバーロ/イタリア)
 ※2006年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2005年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウジーニョ/ブラジル)
 ※2005年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2004年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウジーニョ/ブラジル)
 ※2004年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2003年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ジネディーヌ・ジダン/フランス)
 ※2003年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督投票選手

 ※2002年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウド/ブラジル)
 ※2002年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督投票選手

 ※2001年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ルイス・フィーゴ/ポルトガル)
 ※2001年FIFA年間最優秀選手・主要監督投票一覧

 ※2000年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ジネディーヌ・ジダン/フランス)

過去のFIFAバロンドール受賞選手一覧
 ※2015年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2015年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2014年FIFAバロンドール・獲得投票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2014年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2013年FIFAバロンドール・獲得投票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2013年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2012年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2012年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2011年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2011年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2010年FIFAバロンドール・獲得率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2010年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

●過去のFIFProベストイレブン及び最優秀選手
 過去のFIFProベストイレブン及び最優秀選手

過去のバロンドール受賞選手一覧
 ※2021年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2020年バロンドール (中止)
 ※2019年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2018年バロンドール (ルカ・モドリッチ/クロアチア)
 ※2017年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2016年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2009年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2008年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2007年バロンドール (カカ/ブラジル)
 ※2006年バロンドール (ファビオ・カンナバーロ/イタリア)


●過去のFIFA年間最優秀女性選手
 ・2021年:アレクシア・プレジャス(スペイン)
 ・2020年:ルーシー・ブロンズ(イングランド)
 ・2019年:ミーガン・ラピノー(アメリカ)
 ・2018年:マルタ (ブラジル)
 ・2017年:レイケ・マルテンス (オランダ)
 ・2016年:カーリ・ロイド (アメリカ)
 ・2015年:カーリ・ロイド (アメリカ)
 ・2014年:ナディーネ・ケスラー (ドイツ)
 ・2013年:ナディーネ・アンゲラー (ドイツ)
 ・2012年:アビー・ワンバック (アメリカ)
 ・2011年:澤穂希 (日本)
 ・2010年:マルタ (ブラジル)
 ・2009年:マルタ (ブラジル)
 ・2008年:マルタ (ブラジル)
 ・2007年:マルタ (ブラジル)
 ・2006年:マルタ (ブラジル)
 ・2005年:ビルギット・プリンツ (ドイツ)
 ・2004年:ビルギット・プリンツ (ドイツ)
 ・2003年:ビルギット・プリンツ (ドイツ)
 ・2002年:ミア・ハム (アメリカ)
 ・2001年:ミア・ハム (アメリカ)

●過去のFIFA年間最優秀監督
 ・2021年:トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー)
 ・2020年:ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール)
 ・2019年:ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール)
 ・2018年:ディディエ・デシャン (フランス/フランス代表)
 ・2017年:ジネディーヌ・ジダン (フランス/レアル・マドリード)
 ・2016年:クラウディオ・ラニエリ (イタリア/レスター・シティ)
 ・2015年:ルイス・エンリケ (スペイン/バルセロナ)
 ・2014年:ヨアヒム・レーヴ (ドイツ/ドイツ代表)
 ・2013年:ユップ・ハインケス (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
 ・2012年:ビセンテ・デル・ボスケ (スペイン/スペイン代表)
 ・2011年:ペップ・グアルディオラ (スペイン/バルセロナ)
 ・2010年:ジョゼ・モウリーニョ (ポルトガル/インテル)

●過去のFIFA年間最優秀女性チーム監督
 ・2021年:エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー)
 ・2020年:サリナ・ヴィーグマン(オランダ/オランダ代表)
 ・2019年:ジル・エリス(アメリカ/アメリカ代表)
 ・2018年:レイナール・ペドロス (フランス/オリンピック・リヨン)
 ・2017年:サリナ・ヴィーグマン (オランダ/オランダ代表)
 ・2016年:ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表)
 ・2015年:ジル・エリス (アメリカ/アメリカ代表)
 ・2014年:ラルフ・ケラーマン (ドイツ/ボルフスブルク)
 ・2013年:ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表)
 ・2012年:ピア・スンドハーゲ (スウェーデン/アメリカ代表)
 ・2011年:佐々木則夫 (日本/日本代表)
 ・2010年:ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表)

●過去の最優秀GK
 ・2021年:エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)
 ・2020年:マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
 ・2019年:アリソン (ブラジル/リバプール)
 ・2018年:ティボー・クルトワ (ベルギー/チェルシー→レアル・マドリード)
 ・2017年:ジャンルイジ・ブッフォン (イタリア/ユベントス)

●過去の最優秀女性GK
 ・2021年:クリスティアネ・エンドラー(チリ/PSG→リヨン)
 ・2020年:サラ・ブアディ(フランス/オリンピック・リヨン)
 ・2019年:サリ・ファン・フェーネンダール (オランダ/アーセナル→アトレチコ・マドリード)

●過去のプスカシュ賞
 ・2021年:エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム:アーセナル対トッテナム(プレミアリーグ:2021/3/14))
 ・2020年:ソン・フンミン(韓国/トッテナム:トッテナム対バーンリー(イングランド・プレミアリーグ:2019/12/7))
 ・2019年:ダーニエル・ジョーリ(ハンガリー/デブレツェン対フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー・ネムゼティ・バイノクシャーグI:2019/2/16))
 ・2018年:モハメド・サラー (エジプト/リバプール対エバートン(イングランド・プレミアリーグ:2017/12/10))
 ・2017年:オリヴィエ・ジルー (フランス/アーセナル対クリスタル・パレス(イングランド・プレミアリーグ:2017/1/1))
 ・2016年:モード・ファイズ・スブリ (マレーシア/ペナン対パハン(マレーシア・スーパーリーグ:2016/2/16))
 ・2015年:ウェンデウ・リラ (ブラジル/アトレチコ・ゴイアニエンセ対ゴイアネシア(ブラジルゴイアノ州選手権:2015/3/11))
 ・2014年:ハメス・ロドリゲス (コロンビア/コロンビア対ウルグアイ(2014年W杯決勝T1回戦:2014/6/28))
 ・2013年:ズラタン・イブラヒモビッチ (スウェーデン/スウェーデン対イングランド(国際親善試合:2012/11/14))
 ・2012年:ミロスラフ・ストッフ (スロバキア/フェネルバフチェ対ゲンチレルビルリイ(トルコ・スュペルリグ:2012/3/3))
 ・2011年:ネイマール (ブラジル/サントス対フラメンゴ(カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA:2011/7/27))
 ・2010年:ハミト・アルティントップ (トルコ/トルコ対カザフスタン(EURO2012予選:2010/9/3))
 ・2009年:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/マンチェスター・ユナイテッド対ポルト(UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝:2009/4/15))



アフリカネーションズカップ2021

●グループA
 ・カーボベルデ 1-1 カメルーン
 ・ブルキナファソ 1-1 エチオピア

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 3 2 1 0 7 3 7
ブルキナファソ 3 1 1 1 3 3 4
カーボベルデ 3 1 1 1 2 2 4
エチオピア 3 0 1 2 2 6 1

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 2 1 1 0 1 0 4
セネガル 2 1 1 0 1 0 4
マラウィ 2 1 0 1 2 2 3
ジンバブエ 2 0 0 2 1 3 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 2 2 0 0 3 0 6
ガボン 2 1 1 0 2 1 4
ガーナ 2 0 1 1 1 2 1
コモロ 2 0 0 2 0 3 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 2 2 0 0 4 1 6
エジプト 2 1 0 1 1 1 3
ギニアビサウ 2 0 1 1 0 1 1
スーダン 2 0 1 1 1 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 2 1 1 0 3 2 4
赤道ギニア 2 1 0 1 1 1 3
シエラレオネ 2 0 2 0 2 2 2
アルジェリア 2 0 1 1 0 1 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 2 1 1 0 2 1 4
マリ 2 1 1 0 2 1 4
チュニジア 2 1 0 1 4 1 3
モーリタニア 2 0 0 2 0 5 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月17日

サウジアラビア代表メンバー発表

 2022年W杯アジア最終予選グループB、オマーンとのホーム戦(1/27:会場ジッダ)と日本とのアウェー戦(2/1:会場さいたま)に向けた代表メンバー発表。

 エルヴェ・ルナール監督は、26名を選出。

2022年W杯・アジア最終予選
グループB 試合 得点 失点 勝点
サウジアラビア 6 5 1 0 9 3 16
日本 6 4 0 2 5 3 12
オーストラリア 6 3 2 1 9 4 11
オマーン 6 2 1 3 6 7 7
中国 6 1 2 3 7 11 5
ベトナム 6 0 0 6 4 12 0

関連データ
 2022年W杯・アジア最終予選



国際親善試合


アフリカネーションズカップ2021

●グループE
 ・アルジェリア 0-1 赤道ギニア
 ・コートジボワール 2-2 シエラレオネ

●グループF
 ・チュニジア 4-0 モーリタニア
 ・ガンビア 1-1 マリ

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 2 2 0 0 6 2 6
ブルキナファソ 2 1 0 1 2 2 3
カーボベルデ 2 1 0 1 1 1 3
エチオピア 2 0 0 2 1 5 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 2 1 1 0 1 0 4
セネガル 2 1 1 0 1 0 4
マラウィ 2 1 0 1 2 2 3
ジンバブエ 2 0 0 2 1 3 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 2 2 0 0 3 0 6
ガボン 2 1 1 0 2 1 4
ガーナ 2 0 1 1 1 2 1
コモロ 2 0 0 2 0 3 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 2 2 0 0 4 1 6
エジプト 2 1 0 1 1 1 3
ギニアビサウ 2 0 1 1 0 1 1
スーダン 2 0 1 1 1 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 2 1 1 0 3 2 4
赤道ギニア 2 1 0 1 1 1 3
シエラレオネ 2 0 2 0 2 2 2
アルジェリア 2 0 1 1 0 1 1

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 2 1 1 0 2 1 4
マリ 2 1 1 0 2 1 4
チュニジア 2 1 0 1 4 1 3
モーリタニア 2 0 0 2 0 5 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月16日

アフリカネーションズカップ2021

●グループD
 ・ナイジェリア 3-1 スーダン (LIVE)
 ・ギニアビサウ 0-1 エジプト (LIVE)

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 2 2 0 0 6 2 6
ブルキナファソ 2 1 0 1 2 2 3
カーボベルデ 2 1 0 1 1 1 3
エチオピア 2 0 0 2 1 5 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 2 1 1 0 1 0 4
セネガル 2 1 1 0 1 0 4
マラウィ 2 1 0 1 2 2 3
ジンバブエ 2 0 0 2 1 3 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 2 2 0 0 3 0 6
ガボン 2 1 1 0 2 1 4
ガーナ 2 0 1 1 1 2 1
コモロ 2 0 0 2 0 3 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 2 2 0 0 4 1 6
エジプト 2 1 0 1 1 1 3
ギニアビサウ 2 0 1 1 0 1 1
スーダン 2 0 1 1 1 3 1

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 1 1 0 0 1 0 3
アルジェリア 1 0 1 0 0 0 1
シエラレオネ 1 0 1 0 0 0 1
赤道ギニア 1 0 0 1 0 1 0

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 1 1 0 0 1 0 3
マリ 1 1 0 0 1 0 3
モーリタニア 1 0 0 1 0 1 0
チュニジア 1 0 0 1 0 1 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月15日

国際親善試合


アフリカネーションズカップ2021

●グループB
 ・セネガル 0-0 ギニア
 ・マラウィ 2-1 ジンバブエ

●グループC
 ・モロッコ 2-0 コモロ
 ・ガボン 1-1 ガーナ

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 2 2 0 0 6 2 6
ブルキナファソ 2 1 0 1 2 2 3
カーボベルデ 2 1 0 1 1 1 3
エチオピア 2 0 0 2 1 5 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 2 1 1 0 1 0 4
セネガル 2 1 1 0 1 0 4
マラウィ 2 1 0 1 2 2 3
ジンバブエ 2 0 0 2 1 3 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 2 2 0 0 3 0 6
ガボン 2 1 1 0 2 1 4
ガーナ 2 0 1 1 1 2 1
コモロ 2 0 0 2 0 3 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 1 1 0 0 1 0 3
スーダン 1 0 1 0 0 0 1
ギニアビサウ 1 0 1 0 0 0 1
エジプト 1 0 0 1 0 1 0

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 1 1 0 0 1 0 3
アルジェリア 1 0 1 0 0 0 1
シエラレオネ 1 0 1 0 0 0 1
赤道ギニア 1 0 0 1 0 1 0

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 1 1 0 0 1 0 3
マリ 1 1 0 0 1 0 3
モーリタニア 1 0 0 1 0 1 0
チュニジア 1 0 0 1 0 1 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



パラグアイ代表外国クラブ所属メンバー発表

 2022年W杯南米予選、ウルグアイとのホーム戦(1/27:会場アスンシオン)とブラジルとのアウェー戦(2/1:会場ベロオリゾンテ)に向けた代表メンバー発表。

 ギジェルモ・バロス・スケロット監督は、外国クラブでプレーする22名を選出。
 18歳のGKアンヘル・ゴンサレス(ポルト所属)が初選出。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



2022年1月14日

アフリカネーションズカップ2021

●グループA
 ・カメルーン 4-1 エチオピア
 ・カーボベルデ 0-1 ブルキナファソ

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 2 2 0 0 6 2 6
ブルキナファソ 2 1 0 1 2 2 3
カーボベルデ 2 1 0 1 1 1 3
エチオピア 2 0 0 2 1 5 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 1 1 0 0 1 0 3
セネガル 1 1 0 0 1 0 3
マラウィ 1 0 0 1 0 1 0
ジンバブエ 1 0 0 1 0 1 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 1 1 0 0 1 0 3
ガボン 1 1 0 0 1 0 3
コモロ 1 0 0 1 0 1 0
ガーナ 1 0 0 1 0 1 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 1 1 0 0 1 0 3
スーダン 1 0 1 0 0 0 1
ギニアビサウ 1 0 1 0 0 0 1
エジプト 1 0 0 1 0 1 0

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 1 1 0 0 1 0 3
アルジェリア 1 0 1 0 0 0 1
シエラレオネ 1 0 1 0 0 0 1
赤道ギニア 1 0 0 1 0 1 0

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 1 1 0 0 1 0 3
マリ 1 1 0 0 1 0 3
モーリタニア 1 0 0 1 0 1 0
チュニジア 1 0 0 1 0 1 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月13日

ブラジル代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、エクアドルとのアウェー戦(1/27:会場キト)とパラグアイとのホーム戦(2/1:会場ベロオリゾンテ)に向けた代表メンバー発表。

 チチ監督は、26名を選出。
 負傷回復中のFWネイマール(PSG所属)は選出されていない。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



本日、ブラジル代表メンバー発表

 2022年W杯南米予選、エクアドルとのアウェー戦(1/27:会場キト)とパラグアイとのホーム戦(2/1:会場ベロオリゾンテ)に向けた代表メンバー発表。

※日本時間23:00予定

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



アフリカネーションズカップ2021

●グループE
 ・赤道ギニア 0-1 コートジボワール

●グループF
 ・チュニジア 0-1 マリ
 ・モーリタニア 0-1 ガンビア

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 1 1 0 0 2 1 3
カーボベルデ 1 1 0 0 1 0 3
ブルキナファソ 1 0 0 1 1 2 0
エチオピア 1 0 0 1 0 1 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 1 1 0 0 1 0 3
セネガル 1 1 0 0 1 0 3
マラウィ 1 0 0 1 0 1 0
ジンバブエ 1 0 0 1 0 1 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 1 1 0 0 1 0 3
ガボン 1 1 0 0 1 0 3
コモロ 1 0 0 1 0 1 0
ガーナ 1 0 0 1 0 1 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 1 1 0 0 1 0 3
スーダン 1 0 1 0 0 0 1
ギニアビサウ 1 0 1 0 0 0 1
エジプト 1 0 0 1 0 1 0

グループE 試合 得点 失点 勝点
コートジボワール 1 1 0 0 1 0 3
アルジェリア 1 0 1 0 0 0 1
シエラレオネ 1 0 1 0 0 0 1
赤道ギニア 1 0 0 1 0 1 0

グループF 試合 得点 失点 勝点
ガンビア 1 1 0 0 1 0 3
マリ 1 1 0 0 1 0 3
モーリタニア 1 0 0 1 0 1 0
チュニジア 1 0 0 1 0 1 0
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



国際親善試合

アイスランド 1-1 ウガンダ


2022年1月12日

アフリカネーションズカップ2021

●グループD
 ・ナイジェリア 1-0 エジプト
 ・スーダン 0-0 ギニアビサウ

●グループE
 ・アルジェリア 0-0 シエラレオネ

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 1 1 0 0 2 1 3
カーボベルデ 1 1 0 0 1 0 3
ブルキナファソ 1 0 0 1 1 2 0
エチオピア 1 0 0 1 0 1 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 1 1 0 0 1 0 3
セネガル 1 1 0 0 1 0 3
マラウィ 1 0 0 1 0 1 0
ジンバブエ 1 0 0 1 0 1 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 1 1 0 0 1 0 3
ガボン 1 1 0 0 1 0 3
コモロ 1 0 0 1 0 1 0
ガーナ 1 0 0 1 0 1 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア 1 1 0 0 1 0 3
スーダン 1 0 1 0 0 0 1
ギニアビサウ 1 0 1 0 0 0 1
エジプト 1 0 0 1 0 1 0

グループE 試合 得点 失点 勝点
アルジェリア 1 0 1 0 0 0 1
シエラレオネ 1 0 1 0 0 0 1
赤道ギニア
コートジボワール

グループF 試合 得点 失点 勝点
チュニジア
マリ
モーリタニア
ガンビア
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月11日

アフリカネーションズカップ2021

●グループB
 ・セネガル 1-0 ジンバブエ
 ・ギニア 1-0 マラウィ

●グループC
 ・モロッコ 1-0 ガーナ
 ・コモロ 0-1 ガボン

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 1 1 0 0 2 1 3
カーボベルデ 1 1 0 0 1 0 3
ブルキナファソ 1 0 0 1 1 2 0
エチオピア 1 0 0 1 0 1 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
ギニア 1 1 0 0 1 0 3
セネガル 1 1 0 0 1 0 3
マラウィ 1 0 0 1 0 1 0
ジンバブエ 1 0 0 1 0 1 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ 1 1 0 0 1 0 3
ガボン 1 1 0 0 1 0 3
コモロ 1 0 0 1 0 1 0
ガーナ 1 0 0 1 0 1 0

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア
エジプト
スーダン
ギニアビサウ

グループE 試合 得点 失点 勝点
アルジェリア
シエラレオネ
赤道ギニア
コートジボワール

グループF 試合 得点 失点 勝点
チュニジア
マリ
モーリタニア
ガンビア
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月10日

アフリカネーションズカップ2021

●グループA
 ・カメルーン 2-1 ブルキナファソ
 ・エチオピア 0-1 カーボベルデ

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
カメルーン 1 1 0 0 2 1 3
カーボベルデ 1 1 0 0 1 0 3
ブルキナファソ 1 0 0 1 1 2 0
エチオピア 1 0 0 1 0 1 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
セネガル
ジンバブエ
ギニア
マラウィ

グループC 試合 得点 失点 勝点
モロッコ
ガーナ
コモロ
ガボン

グループD 試合 得点 失点 勝点
ナイジェリア
エジプト
スーダン
ギニアビサウ

グループE 試合 得点 失点 勝点
アルジェリア
シエラレオネ
赤道ギニア
コートジボワール

グループF 試合 得点 失点 勝点
チュニジア
マリ
モーリタニア
ガンビア
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

関連データ
アフリカネーションズカップ2021予選大会結果

※アフリカネーションズカップ:過去の結果
 ●1957年スーダン大会:優勝エジプト
 ●1959年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1962年エチオピア大会:優勝エチオピア
 ●1963年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1965年チュニジア大会:優勝ガーナ
 ●1968年エチオピア大会:優勝DRコンゴ
 ●1970年スーダン大会:優勝スーダン
 ●1972年カメルーン大会:優勝コンゴ
 ●1974年エジプト大会:優勝ザイール
 ●1976年エチオピア大会:優勝モロッコ
 ●1978年ガーナ大会:優勝ガーナ
 ●1980年ナイジェリア大会:優勝ナイジェリア
 ●1982年リビア大会:優勝ガーナ
 ●1984年コートジボワール大会:優勝カメルーン
 ●1986年エジプト大会:優勝エジプト
 ●1988年モロッコ大会:優勝カメルーン
 ●1990年アルジェリア大会:優勝アルジェリア
 ●1992年セネガル大会:優勝コートジボワール
 ●1994年チュニジア大会:優勝ナイジェリア
 ●1996年南アフリカ大会:優勝南アフリカ
 ●1998年ブルキナファソ大会:優勝エジプト
 ●2000年ガーナ/ナイジェリア大会:優勝カメルーン
 ●2002年マリ大会:優勝カメルーン
 ●2004年チュニジア大会:優勝チュニジア
 ●2006年エジプト大会:優勝エジプト
 ●2008年ガーナ大会:優勝エジプト
 ●2010年アンゴラ大会:優勝エジプト
 ●2012年ガボン/赤道ギニア大会:優勝ザンビア
 ●2013年南アフリカ大会:優勝ナイジェリア
 ●2015年赤道ギニア大会:優勝コートジボワール
 ●2017年ガボン大会:優勝カメルーン
 ●2019年エジプト大会:優勝アルジェリア
 ●2021年カメルーン大会:優勝
 ●2023年コートジボワール大会:優勝
 ●2025年ギニア大会:優勝



2022年1月8日

ウルグアイ代表候補メンバー発表

 2022年W杯南米予選、パラグアイとのアウェー戦(1/27:会場アスンシオン)とベネズエラとのホーム戦(2/1:会場モンテビデオ)に向けた代表メンバー発表。

 ディエゴ・アロンソ監督は、50名の候補を選出。
 オスカル・タバレス前監督下で定期的に招集されていたMFナイタン・ナンデス(カリアリ所属)、MFニコラス・デ・ラ・クルス(リバープレート所属)、MFブリアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC所属)が選外。
 正GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ所属)は負傷回復中のため選出されていない。
 また、多くの選手が初選出を受けている。 FWマルティン・サトリアーノ(インテル所属)、FWニコラス・ロペス(ティグレス所属)、MFファクンド・ペリストリ(アラベス所属)、MFサンティアゴ・ロドリゲス(ニューヨーク・シティ所属)、MFアグスティン・カノッビオ(ペニャロール所属)、MFセサル・アラウージョ(ワンダラーズ所属)、DFマティアス・オリベラ(ヘタフェ所属)、DFアルフォンソ・エスピーノ(カディス所属)、DFレアンドロ・カブレラ(エスパニョール所属)、DFエマヌエル・グラルテ(プエブラ所属)、GKセバスティアン・ソサ(インディペンディエンテ所属)、GKギジェルモ・デ・アモレス(デポルティボ・カリ所属)、GKニコラス・ビコニス(マサトラン所属)、GKサンティアゴ・メレ(プラサ・コロニア所属)が初選出。

2022年W杯・南米予選
南米予選 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 13 11 2 0 27 4 35
アルゼンチン 13 8 5 0 20 6 29
エクアドル 14 7 2 5 23 13 23
コロンビア 14 3 8 3 16 17 17
ペルー 14 5 2 7 15 20 17
チリ 14 4 4 6 15 16 16
ウルグアイ 14 4 4 6 14 21 16
ボリビア 14 4 3 7 20 28 15
パラグアイ 14 2 7 5 9 18 13
ベネズエラ 14 2 1 11 9 25 7

関連データ
 2022年W杯・南米予選



コロンビア代表メンバー発表

 ホンジュラスとの親善試合(1/16:会場フォート・ローダーデール(アメリカ))に向けた代表メンバー発表。

 レイナルド・ルエダ監督は、国内クラブでプレーする選手を中心に20名を選出。

関連データ
 2022年W杯・南米予選



2022年1月7日

ザ・ベストFIFAアウォーズ2021:男女最優秀選手:最終候補発表

 FIFA(国際サッカー連盟)は7日、ザ・ベストFIFAアウォーズ2021(The Best FIFA Football Awards 2021)候補のうち、男女最優秀選手の最終候補各3名のリストをオンラインイベントで公表した。

※CET15:00(日本時間23:00)から
LIVE(YouTube)

●男子最優秀選手最終候補3名:
 ・ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
 ・リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ→PSG)
 ・モハメド・サラー(エジプト/リバプール)

●女子最優秀選手最終候補3名:
 ・ジェニファー・エルモソ(スペイン/バルセロナ)
 ・サマンサ・カー(オーストラリア/チェルシー)
 ・アレクシア・プテジャス(スペイン/バルセロナ)

 最終受賞者は、1月17日にバーチャルイベントとして行なわれるセレモニーで発表される。

2021年最優秀選手候補11名リスト
選手 国籍 所属クラブ
ロベルト・レヴァンドフスキ ポーランド バイエルン・ミュンヘン
リオネル・メッシ アルゼンチン バルセロナ→PSG
モハメド・サラー エジプト リバプール
カリム・ベンゼマ フランス レアル・マドリード
ケビン・デ・ブライネ ベルギー マンチェスター・シティ
クリスチアーノ・ロナウド ポルトガル ユベントス→マンチェスター・U
アーリング・ホーラン ノルウェー ドルトムント
ジョルジーニョ イタリア チェルシー
エンゴロ・カンテ フランス チェルシー
キリアン・エンバペ フランス パリ・サンジェルマン
ネイマール ブラジル パリ・サンジェルマン

●2021年最優秀女性選手候補13名リスト
選手 国籍 所属クラブ
ジェニファー・エルモソ スペイン バルセロナ
サマンサ・カー オーストラリア チェルシー
アレクシア・プテジャス スペイン バルセロナ
スティーナ・ブラックステニウス スウェーデン ハッケン
アイタナ・ボンマティ スペイン バルセロナ
ルーシー・ブロンズ イングランド マンチェスター・シティ
マグダレーナ・エリクソン スウェーデン チェルシー
キャロライン・グラハム・ハンセン ノルウェー バルセロナ
ペルニレ・ハルダー デンマーク チェルシー
チ・ソヨン 韓国 チェルシー
フィフィアネ・ミーデマ オランダ アーセナル
クリスティン・シンクレア カナダ ポートランド・ソーンズ
エレン・ホワイト イングランド マンチェスター・シティ

 ザ・ベストFIFAアウォーズ2021のカテゴリーは11。
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach)
 ・年間最優秀GK賞 (The Best FIFA Men’s Goalkeeper Award)
 ・年間最優秀女性GK賞 (The Best FIFA Women’s Goalkeeper Award)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award)
 ・フェアプレー賞 (The FIFA Fair Play Award)
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award)
 ・FIFA/FIFProベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Men’s World11)
 ・FIFA/FIFPro女性ベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Women’s World11)

関連データ
過去のFIFA年間最優秀選手賞受賞選手一覧
 ※2020年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (ロベルト・レヴァンドフスキ/ポーランド)
 ※2020年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2019年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2019年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2018年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (ルカ・モドリッチ/クロアチア)
 ※2018年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2017年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2017年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2016年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2016年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2009年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2009年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2008年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2008年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2007年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (カカ/ブラジル)
 ※2007年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2006年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ファビオ・カンナバーロ/イタリア)
 ※2006年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2005年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウジーニョ/ブラジル)
 ※2005年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2004年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウジーニョ/ブラジル)
 ※2004年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2003年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ジネディーヌ・ジダン/フランス)
 ※2003年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督投票選手

 ※2002年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウド/ブラジル)
 ※2002年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督投票選手

 ※2001年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ルイス・フィーゴ/ポルトガル)
 ※2001年FIFA年間最優秀選手・主要監督投票一覧

 ※2000年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ジネディーヌ・ジダン/フランス)

過去のFIFAバロンドール受賞選手一覧
 ※2015年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2015年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2014年FIFAバロンドール・獲得投票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2014年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2013年FIFAバロンドール・獲得投票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2013年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2012年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2012年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2011年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2011年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2010年FIFAバロンドール・獲得率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2010年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

●過去のFIFProベストイレブン及び最優秀選手
 過去のFIFProベストイレブン及び最優秀選手

過去のバロンドール受賞選手一覧
 ※2021年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2020年バロンドール (中止)
 ※2019年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2018年バロンドール (ルカ・モドリッチ/クロアチア)
 ※2017年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2016年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2009年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2008年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2007年バロンドール (カカ/ブラジル)
 ※2006年バロンドール (ファビオ・カンナバーロ/イタリア)

●過去のFIFA年間最優秀女性選手
 ・2020年:ルーシー・ブロンズ (イングランド)
 ・2019年:ミーガン・ラピノー(アメリカ)
 ・2018年:マルタ (ブラジル)
 ・2017年:レイケ・マルテンス (オランダ)
 ・2016年:カーリ・ロイド (アメリカ)
 ・2015年:カーリ・ロイド (アメリカ)
 ・2014年:ナディーネ・ケスラー (ドイツ)
 ・2013年:ナディーネ・アンゲラー (ドイツ)
 ・2012年:アビー・ワンバック (アメリカ)
 ・2011年:澤穂希 (日本)
 ・2010年:マルタ (ブラジル)
 ・2009年:マルタ (ブラジル)
 ・2008年:マルタ (ブラジル)
 ・2007年:マルタ (ブラジル)
 ・2006年:マルタ (ブラジル)
 ・2005年:ビルギット・プリンツ (ドイツ)
 ・2004年:ビルギット・プリンツ (ドイツ)
 ・2003年:ビルギット・プリンツ (ドイツ)
 ・2002年:ミア・ハム (アメリカ)
 ・2001年:ミア・ハム (アメリカ)



国際親善試合

ルワンダ 0-2 ギニア
◆国際親善試合(1/6:キガリ)
ルワンダ 0−2 ギニア
0−0
0-1
0-2
27' Mohamed Bayo
36' Naby Keita

関連データ
 アフリカネーションズカップ2021



2022年1月6日

ザ・ベストFIFAアウォーズ2021:男女最優秀監督:最終候補発表

 FIFA(国際サッカー連盟)は6日、ザ・ベストFIFAアウォーズ2021(The Best FIFA Football Awards 2021)候補のうち、男女最優秀監督の最終候補各3名のリストを公表した。

 最終受賞者は、1月17日にバーチャルイベントとして行なわれるセレモニーで発表される。

●男子最優秀監督最終候補3名:
 ・ペップ・グアルディオラ(スペイン/マンチェスター・シティ)
 ・ロベルト・マンチーニ(イタリア/イタリア代表)
 ・トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー)

●女子最優秀監督最終候補3名:
 ・リュイス・コルテス(スペイン/バルセロナ)
 ・エマ・ヘイズ(イングランド/チェルシー)
 ・サリナ・ヴィーグマン(オランダ/オランダ代表→イングランド代表)

●2021年最優秀監督候補7名リスト
監督 国籍 代表 or クラブ
ペップ・グアルディオラ スペイン マンチェスター・シティ
ロベルト・マンチーニ イタリア イタリア代表
トーマス・トゥヘル ドイツ チェルシー
アントニオ・コンテ イタリア インテル→トッテナム
ハンジ・フリック ドイツ バイエルン→ドイツ代表
リオネル・スカローニ アルゼンチン アルゼンチン代表
ディエゴ・シメオネ アルゼンチン アトレチコ・マドリード

●2021年最優秀女性チーム監督候補5名リスト
監督 国籍 代表 or クラブ
リュイス・コルテス スペイン バルセロナ
エマ・ヘイズ イングランド チェルシー
サリナ・ヴィーグマン オランダ オランダ代表→イングランド代表
ペーター・イェルハルドソン スウェーデン スウェーデン代表
ベヴァリー・プリーストマン イングランド カナダ代表

 ザ・ベストFIFAアウォーズ2021の最終候補は、明日7日に男女最優秀選手最終候補各3名が発表される。 プスカシュ賞最終候補3名は4日に、男女最優秀GK最終候補各3名は5日に発表されている。

 ザ・ベストFIFAアウォーズ2021のカテゴリーは11。
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach)
 ・年間最優秀GK賞 (The Best FIFA Men’s Goalkeeper Award)
 ・年間最優秀女性GK賞 (The Best FIFA Women’s Goalkeeper Award)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award)
 ・フェアプレー賞 (The FIFA Fair Play Award)
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award)
 ・FIFA/FIFProベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Men’s World11)
 ・FIFA/FIFPro女性ベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Women’s World11)

関連データ
●過去のFIFA年間最優秀監督
 ・2020年:ユルゲン・クロップ (ドイツ/リバプール)
 ・2019年:ユルゲン・クロップ(ドイツ/リバプール)
 ・2018年:ディディエ・デシャン (フランス/フランス代表)
 ・2017年:ジネディーヌ・ジダン (フランス/レアル・マドリード)
 ・2016年:クラウディオ・ラニエリ (イタリア/レスター・シティ)
 ・2015年:ルイス・エンリケ (スペイン/バルセロナ)
 ・2014年:ヨアヒム・レーヴ (ドイツ/ドイツ代表)
 ・2013年:ユップ・ハインケス (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
 ・2012年:ビセンテ・デル・ボスケ (スペイン/スペイン代表)
 ・2011年:ペップ・グアルディオラ (スペイン/バルセロナ)
 ・2010年:ジョゼ・モウリーニョ (ポルトガル/インテル)

●過去のFIFA年間最優秀女性チーム監督
 ・2020年:サリナ・ヴィーグマン (オランダ/オランダ代表)
 ・2019年:ジル・エリス(アメリカ/アメリカ代表)
 ・2018年:レイナール・ペドロス (フランス/オリンピック・リヨン)
 ・2017年:サリナ・ヴィーグマン (オランダ/オランダ代表)
 ・2016年:ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表)
 ・2015年:ジル・エリス (アメリカ/アメリカ代表)
 ・2014年:ラルフ・ケラーマン (ドイツ/ボルフスブルク)
 ・2013年:ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表)
 ・2012年:ピア・スンドハーゲ (スウェーデン/アメリカ代表)
 ・2011年:佐々木則夫 (日本/日本代表)
 ・2010年:ジルフィア・ナイト (ドイツ/ドイツ代表)



国際親善試合


2022年1月5日

ザ・ベストFIFAアウォーズ2021:男女最優秀GK:最終候補発表

 FIFA(国際サッカー連盟)は5日、ザ・ベストFIFAアウォーズ2021(The Best FIFA Football Awards 2021)候補のうち、男女最優秀GKの最終候補各3名のリストを公表した。

 最終受賞者は、1月17日にバーチャルイベントとして行なわれるセレモニーで発表される。

●男子最優秀GK最終候補3名:
 ・ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/ミラン→PSG)
 ・エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー)
 ・マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン)

●女子最優秀GK最終候補3名:
 ・アン・カトリン・ベルガー(ドイツ/チェルシー)
 ・クリスティアネ・エンドラー(チリ/PSG→リヨン)
 ・ステファニー・ラブベ(カナダ/ローゼンゴール→PSG)

●2021年最優秀GK候補5名リスト
選手 国籍 所属クラブ
ジャンルイジ・ドンナルンマ イタリア ミラン→PSG
エドゥアール・メンディ セネガル チェルシー
マヌエル・ノイアー ドイツ バイエルン・ミュンヘン
アリソン ブラジル リバプール
カスパー・シュマイケル デンマーク レスター

●2021年最優秀女性GK候補6名リスト
選手 国籍 所属クラブ
アン・カトリン・ベルガー ドイツ チェルシー
クリスティアネ・エンドラー チリ PSG→リヨン
ステファニー・ラブベ カナダ ローゼンゴール→PSG
ヘドヴィグ・リンダール スウェーデン アトレチコ・マドリード
アリッサ・ネイハー アメリカ シカゴ・レッドスターズ

 ザ・ベストFIFAアウォーズ2021の最終候補は、明日6日に男女監督の最終候補各3名が発表され、明後日7日に男女最優秀選手最終候補各3名が発表される。 プスカシュ賞最終候補3名は昨日4日に発表されている。

 ザ・ベストFIFAアウォーズ2021のカテゴリーは11。
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach)
 ・年間最優秀GK賞 (The Best FIFA Men’s Goalkeeper Award)
 ・年間最優秀女性GK賞 (The Best FIFA Women’s Goalkeeper Award)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award)
 ・フェアプレー賞 (The FIFA Fair Play Award)
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award)
 ・FIFA/FIFProベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Men’s World11)
 ・FIFA/FIFPro女性ベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Women’s World11)

関連データ
●過去の最優秀GK
 ・2020年:マヌエル・ノイアー (ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
 ・2019年:アリソン (ブラジル/リバプール)
 ・2018年:ティボー・クルトワ (ベルギー/チェルシー→レアル・マドリード)
 ・2017年:ジャンルイジ・ブッフォン (イタリア/ユベントス)

●過去の最優秀女性GK
 ・2020年:サラ・ブアディ (フランス/オリンピック・リヨン)
 ・2019年:サリ・ファン・フェーネンダール (オランダ/アーセナル→アトレチコ・マドリード)



アイスランド代表メンバー発表

 ウガンダとの親善試合(1/12:会場アンタルヤ(トルコ))と韓国との親善試合(1/15:会場アンタルヤ(トルコ))に向けた代表メンバー発表。

 アルナル・ヴィザルソン監督は、24名を選出。


国際親善試合

モーリタニア 1-1 ガボン
◆国際親善試合(1/4:ドバイ(UAE))
モーリタニア 0−1 ガボン
1−0

Pape Ibnou Ba 78'
0-1
1-1
27' P. Aubameyang(PK)

マラウィ 2-0 マリ
◆国際親善試合(1/4:ジッダ(サウジアラビア))
マラウィ 0−0 マリ
2−0
Essau Kanyenda 67'
Robert Ng'ambi 88'
1-0
2-0

関連データ
 アフリカネーションズカップ2021



2022年1月4日

ザ・ベストFIFAアウォーズ2021:プスカシュ賞最終候補発表

 FIFA(国際サッカー連盟)は4日、ザ・ベストFIFAアウォーズ2021(The Best FIFA Football Awards 2021)候補のうち、プスカシュ賞(年間最優秀ゴール)の最終候補3名のリストを公表した。

 11月29日に発表された11名の候補を対象にFIFAサイトでファン投票が行われ、上位3名が最終候補となった。
 最終受賞者は、1月17日にバーチャルイベントとして行なわれるセレモニーで発表される。

●プスカシュ賞最終候補3名:
 ・エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム) (YouTube)
 ・パトリク・シック(チェコ) (YouTube)
 ・メフディ・タレミ(イラン/FCポルト) (YouTube)

●プスカシュ賞候補11名
選手 試合
エリク・ラメラ(アルゼンチン/トッテナム) YouTube アーセナル対トッテナム(プレミアリーグ:2021/3/14)
パトリク・シック(チェコ) YouTube チェコ対スコットランド(EURO2020:2021/6/14)
メフディ・タレミ(イラン/FCポルト) YouTube チェルシー対ポルト(UEFAチャンピオンズリーグ:2021/4/13)
ルイス・ディアス(コロンビア) YouTube ブラジル対コロンビア(コパ・アメリカ:2021/6/23)
ゴティエ・ハイン(フランス/オセール) YouTube シャモア・ニオール対オセール(リーグ2:2021/4/10)
ヴァレンティノ・ラザロ(オーストリア/ボルシアMG) YouTube レバークーゼン対ボルシアMG(ブンデスリーガ:2020/11/8)
リヤド・マフレズ(アルジェリア) YouTube ジンバブエ対アルジェリア(アフリカネーションズカップ予選:2020/11/16)
サンドラ・オウス・アンサー(ガーナ/シュプリーム・レディース) YouTube クマシ・スポーツ・アカデミー対シュプリーム(ガーナ女子プレミアリーグ:2021/5/8)
ヴァンゲリス・パヴリディス(ギリシャ/ヴィレムII) YouTube ヴィレムII対フォルトゥナ・シッタート(エールディヴィジ:2021/5/16)
ダニエラ・サンチェス(メキシコ/ケレタロ) YouTube ケレタロ対アトレティコ・サンルイス(リーガMXフェルメニル:2021/1/16)
キャロライン・ウィアー(スコットランド/マンチェスター・シティWFC) YouTube マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッド(FA女子スーパーリーグ:2021/2/12)

 ザ・ベストFIFAアウォーズ2021のカテゴリーは11。
 ・年間最優秀選手 (The Best FIFA Men’s Player)
 ・年間最優秀女性選手 (The Best FIFA Women’s Player)
 ・年間最優秀監督 (The Best FIFA Men’s Coach)
 ・年間最優秀女性チーム監督 (The Best FIFA Women’s Coach)
 ・年間最優秀GK賞 (The Best FIFA Men’s Goalkeeper Award)
 ・年間最優秀女性GK賞 (The Best FIFA Women’s Goalkeeper Award)
 ・プスカシュ賞 (最優秀ゴール賞(ファン投票)) (The FIFA Puskas Award)
 ・フェアプレー賞 (The FIFA Fair Play Award)
 ・ファン賞(ファン投票) (The FIFA Fan Award)
 ・FIFA/FIFProベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Men’s World11)
 ・FIFA/FIFPro女性ベストイレブン(選手間投票) (FIFA FIFPro Women’s World11)

関連データ
●過去のプスカシュ賞
 ・2020年:ソン・フンミン(韓国/トッテナム対バーンリー(イングランド・プレミアリーグ:2019/12/7))
 ・2019年:ダーニエル・ジョーリ(ハンガリー/デブレツェン対フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー・ネムゼティ・バイノクシャーグI:2019/2/16))
 ・2018年:モハメド・サラー (エジプト/リバプール対エバートン(イングランド・プレミアリーグ:2017/12/10))
 ・2017年:オリヴィエ・ジルー (フランス/アーセナル対クリスタル・パレス(イングランド・プレミアリーグ:2017/1/1))
 ・2016年:モード・ファイズ・スブリ (マレーシア/ペナン対パハン(マレーシア・スーパーリーグ:2016/2/16))
 ・2015年:ウェンデウ・リラ (ブラジル/アトレチコ・ゴイアニエンセ対ゴイアネシア(ブラジルゴイアノ州選手権:2015/3/11))
 ・2014年:ハメス・ロドリゲス (コロンビア/コロンビア対ウルグアイ(2014年W杯決勝T1回戦:2014/6/28))
 ・2013年:ズラタン・イブラヒモビッチ (スウェーデン/スウェーデン対イングランド(国際親善試合:2012/11/14))
 ・2012年:ミロスラフ・ストッフ (スロバキア/フェネルバフチェ対ゲンチレルビルリイ(トルコ・スュペルリグ:2012/3/3))
 ・2011年:ネイマール (ブラジル/サントス対フラメンゴ(カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA:2011/7/27))
 ・2010年:ハミト・アルティントップ (トルコ/トルコ対カザフスタン(EURO2012予選:2010/9/3))
 ・2009年:クリスチアーノ・ロナウド (ポルトガル/マンチェスター・ユナイテッド対ポルト(UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝:2009/4/15))



国際親善試合

ルワンダ 3-0 ギニア
◆国際親善試合(1/3:キガリ)
ルワンダ 1−0 ギニア
2−0
M. Hakizimana 23'
D. Usengimana 46'
Fred Muhozi 72'
1-0
2-0
3-0

ブルキナファソ 3-0 ガボン
◆国際親善試合(1/2:ドバイ(UAE))
ブルキナファソ 1−0 ガボン
2−0
Issa Kabore 30'
Gustavo Sangare 54'
Dango Ouattara 60'
1-0
2-0
3-0

関連データ
 アフリカネーションズカップ2021



2022年1月3日

国際親善試合

ジンバブエ 0-0 スーダン
◆国際親善試合(1/2:ヤウンデ(カメルーン))
ジンバブエ 0−0 スーダン
0−0
0-0

関連データ
 アフリカネーションズカップ2021



2022年1月1日

AFFスズキカップ(東南アジア選手権)2020

●AFFスズキカップ2020・シンガポール大会(2021年開催)
●決勝戦2ndレグ
タイ 2-2 インドネシア (LIVE)
◆決勝戦2ndレグ(シンガポール)
タイ 0−1 インドネシア
2−1

Adisak Kraisorn 54'
Sarach Yooyen 56'
0-1
1-1
2-1
2-2
7' Ricky Kambuaya


80' Egy Maulana Vikri
【トータル6-2でタイが優勝(6回目)】

●グループリーグ
グループA 試合 得点 失点 勝点
タイ 4 4 0 0 10 1 12
シンガポール 4 3 0 1 7 3 9
フィリピン 4 2 0 2 12 6 6
ミャンマー 4 1 0 3 4 10 3
東ティモール 4 0 0 4 0 13 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
インドネシア 4 3 1 0 13 4 10
ベトナム 4 3 1 0 9 0 10
マレーシア 4 2 0 2 8 8 6
カンボジア 4 1 0 3 6 11 3
ラオス 4 0 0 4 1 14 0
※各グループ上位2チーム(計4チーム)が準決勝進出。

●グループリーグ日程(シンガポール開催)
◆グループA
 ※2021/12/5
  ・シンガポール 3-0 ミャンマー
  ・東ティモール 0-2 タイ
 ※2021/12/8
  ・ミャンマー 2-0 東ティモール
  ・フィリピン 1-2 シンガポール
 ※2021/12/11
  ・東ティモール 0-7 フィリピン
  ・タイ 4-0 ミャンマー
 ※2021/12/14
  ・フィリピン 1-2 タイ
  ・シンガポール 2-0 東ティモール
 ※2021/12/18
  ・タイ 2-0 シンガポール
  ・ミャンマー 2-3 フィリピン

◆グループB
 ※2021/12/6
  ・カンボジア 1-3 マレーシア
  ・ラオス 0-2 ベトナム
 ※2021/12/9
  ・マレーシア 4-0 ラオス
  ・インドネシア 4-2 カンボジア
 ※2021/12/12
  ・ラオス 1-5 インドネシア
  ・ベトナム 3-0 マレーシア
 ※2021/12/15
  ・インドネシア 0-0 ベトナム
  ・カンボジア 3-0 ラオス
 ※2021/12/19
  ・ベトナム 4-0 カンボジア
  ・マレーシア 1-4 インドネシア

●決勝トーナメント日程(シンガポール開催)
●準決勝 (2ndレグ制)
 ◆1stレグ
 ※2021/12/22
  ・シンガポール 1-1 インドネシア
 ※2021/12/23
  ・ベトナム 0-2 タイ
 ◆2ndレグ
 ※2021/12/25
  ・インドネシア 4(延)2 シンガポール
 ※2021/12/26
  ・タイ 0-0 ベトナム
●決勝戦 (2ndレグ制)
 ◆1stレグ
 ※2021/12/29
  ・インドネシア 0-4 タイ
 ◆2ndレグ
 ※2022/1/1
  ・タイ - インドネシア

関連データ
●ASEANフットボール選手権(東南アジア選手権:旧タイガーカップ):過去の優勝チーム
 ・1996年:タイ
 ・1998年:シンガポール
 ・2000年:タイ
 ・2002年:タイ
 ・2004年:シンガポール
 ・2007年:シンガポール
 ・2008年:ベトナム
 ・2010年:マレーシア
 ・2012年:シンガポール
 ・2014年:タイ
 ・2016年:タイ
 ・2018年:ベトナム
 ・2020(2021)年:タイ

 2022年W杯・アジア予選
 アジアカップ2023・予選大会



国際親善試合

アルジェリア  ガンビア (中止)

関連データ
 アフリカネーションズカップ2021



ニュースバックナンバー(12/1~12/31)

TOP ▲

スポンサーリンク

メニュー

ニュースバックナンバー

ホーム > ニュースバックナンバー(2022/1/1~1/31)