ホーム > ニュースバックナンバー(2019/12/1~12/10)


世界の代表チーム関連情報:バックナンバー

2019年12月4日

コパ・アメリカ2020・アルゼンチン/コロンビア大会:日程と対戦カード掲載




アフリカ年間最優秀選手:候補10名

 CAF(アフリカサッカー連盟)は3日、2019年アフリカ年間最優秀選手の候補10名等を発表した。
 先月24日に発表していた30名の候補に対してCAF技術開発委員会とメディア専門家が投票し(1次投票)、10名に絞られた。
 今後は各代表監督やテクニカルディレクター、そして代表キャプテンの投票(最終投票)が行われる。

 最優秀賞受賞選手は来年1月7日にフルガダ(エジプト)で開催されるCAFアウォーズ2019で発表される。

◆年間最優秀選手(African Player of the Year):30候補→10候補
   1次候補:アンドレ・オナナ (カメルーン/アヤックス)
   1次候補:ハキム・ツィエク (モロッコ/アヤックス)
   1次候補:イスマエル・ベナセル (アルジェリア/ACミラン)
   1次候補:カリドゥ・クリバリ (セネガル/ナポリ)
   1次候補:モハメド・サラー (エジプト/リバプール)
   1次候補:オディオン・イグハロ (ナイジェリア/上海申花)
   1次候補:ピエール・エメリク・オーバメヤン (ガボン/アーセナル)
   1次候補:リヤド・マフレズ (アルジェリア/マンチェスター・シティ)
   1次候補:サディオ・マネ (セネガル/リバプール)
   1次候補:ユセフ・ベライリ (アルジェリア/アル・アハリ)
   候補:アクラフ・ハキミ (モロッコ/ボルシア・ドルトムント)
   候補:バグダード・ブネジャー (アルジェリア/アル・サッド)
   候補:カルロス・アンドリアマツィノロ (マダガスカル/アル・アダラ)
   候補:デニス・オニャンゴ (ウガンダ/マメロディ・サンダウンズ)
   候補:エリック・シュポ・モティング (カメルーン/パリ・サンジェルマン)
   候補:フェルジャニ・サッシ (チュニジア/ザマレク)
   候補:イドリサ・ゲイェ (セネガル/パリ・サンジェルマン)
   候補:ジョーダン・アイェウ (ガーナ/クリスタル・パレス)
   候補:コジョ・フォ・ドー・ラバ (トーゴ/アル・アイン)
   候補:トレゼゲ (エジプト/アストン・ビラ)
   候補:ムブワナ・サマッタ (タンザニア/ヘンク)
   候補:ムサ・マレガ (マリ/FCポルト)
   候補:ナビ・ケイタ (ギニア/リバプール)
   候補:二コラ・ペペ (コートジボワール/アーセナル)
   候補:パーシー・タウ (南アフリカ/クラブ・ブルージュ)
   候補:タハ・ヤシン・ヘニシ (チュニジア/エスペランス)
   候補:トーマス・パーテイ (ガーナ/アトレチコ・マドリード)
   候補:ヴィクター・オシムヘン (ナイジェリア/リール)
   候補:ウィルフレッド・エンディディ (ナイジェリア/レスター・シティ)
   候補:ウィルフリード・ザハ (コートジボワール/クリスタル・パレス)
  ※過去のアフリカ年間最優秀選手

◆年間最優秀女性選手(Women’s Player of the Year):10候補→5候補
   1次候補:アジャラ・エンシュート (カメルーン/ヴァレレンガ)
   1次候補:アシサト・オショアラ (ナイジェリア/バルセロナ)
   1次候補:ガブリエレ・アブディ・ウングネ (カメルーン/CSKAモスクワ)
   1次候補:タビサ・チャウィンガ (マラウィ/江蘇蘇寧)
   1次候補:クリスティナ・テンビ・クガトラナ (南アフリカ/北京フェニックス)
   候補:アンジェ・エンゲッサン (コートジボワール/テネリフェ)
   候補:シマカ・エナドジー (ナイジェリア/リヴァーズ・エンジェルズ)
   候補:エリザベス・アッド (ガーナ/江蘇蘇寧)
   候補:レフィロエ・ジェーン (南アフリカ/ACミラン)
   候補:ウチェナ・カヌ (ナイジェリア/サウスイースタン・ファイア)

◆年間連盟内クラブ最優秀選手(African Interclubs Player of the Year):20候補→5候補
   1次候補:アニス・バドリ (チュニジア/エスペランス)
   1次候補:コジョ・フォ・ドー・ラバ (トーゴ/アル・アイン)
   1次候補:タハ・ヤシン・ヘニシ (チュニジア/エスペランス)
   1次候補:タレク・ハメド (エジプト/ザマレク)
   1次候補:ユセフ・ベライリ (アルジェリア/アル・アハリ)
   候補:アリ・マールル (チュニジア/アル・アハリ)
   候補:デニス・オニャンゴ (ウガンダ/マメロディ・サンダウンズ)
   候補:エマニュエル・オクウィ (ウガンダ/シンバ)
   候補:フェルジャニ・サッシ (チュニジア/ザマレク)
   候補:フセニ・クリバリ (コートジボワール/エスペランス)
   候補:フランク・コム (カメルーン/エスペランス)
   候補:エレニウソン (アンゴラ/ペトロ・デ・ルアンダ)
   候補:イスマイル・エル・ハダド (モロッコ/ウィダド・カサブランカ)
   候補:ジャン・マルク・マクス (DRコンゴ/ASヴィタ)
   候補:マハムード・アラー (エジプト/ザマレク)
   候補:メディ・カゲレ (ルワンダ/シンバ)
   候補:メシャック・エリア (DRコンゴ/TPマゼンベ)
   候補:ゼンバ・ズワネ (南アフリカ/マメロディ・サンダウンズ)
   候補:トレゾール・ムプトゥ (DRコンゴ/TPマゼンベ)
   候補:ワリド・エル・カルティ (モロッコ/ウィダド・カサブランカ)

◆年間最優秀ユース選手 (Youth Player of the Year):16候補→5候補
   1次候補:アクラフ・ハキミ (モロッコ/ボルシア・ドルトムント)
   1次候補:クレパン・ディアッタ (セネガル/クラブ・ブルージュ)
   1次候補:ムサ・ジェネポ (マリ/サウサンプトン)
   1次候補:サミュエル・チュクウェゼ (ナイジェリア/ビジャレアル)
   1次候補:ヴィクター・オシムヘン (ナイジェリア/リール)
   候補:アマドゥ・ハイダラ (マリ/ライプツィヒ)
   候補:アマドゥ・サーニャ (セネガル/クラブ・ブルージュ)
   候補:エノック・ムウェプ (ザンビア/レッドブル・ザルツブルク)
   候補:イスマイラ・サール (セネガル/ワトフォード)
   候補:ムサ・エンディアイェ (セネガル/エクセレンス・フット)
   候補:ムサ・バロウ (ガンビア/アタランタ)
   候補:カピタ (アンゴラ/プリメイロ・デ・アゴスト)
   候補:パストン・ダカ (ザンビア/レッドブル・ザルツブルク)
   候補:セク・コイタ (マリ/レッドブル・ザルツブルク)
   候補:スティーヴ・レジス・ムヴエ (カメルーン/ASアズル・スター)
   候補:ジト・ルヴンボ (アンゴラ/プリメイロ・デ・アゴスト)

◆年間最優秀代表チーム (Men’s National Team of the Year):5候補→5候補
   1次候補:アルジェリア代表
   1次候補:マダガスカル代表
   1次候補:ナイジェリア代表
   1次候補:セネガル代表
   1次候補:チュニジア代表

◆年間最優秀女性代表チーム (Women’s National Team of the Year):6候補→5候補
   1次候補:カメルーン代表
   1次候補:コートジボワール代表
   1次候補:ナイジェリア代表
   1次候補:南アフリカ代表
   1次候補:ザンビア代表
   候補:ケニア代表

◆年間最優秀監督 (Men’s Coach of the Year):10候補→5候補
   1次候補:アリュー・シセ (セネガル/セネガル代表監督)
   1次候補:クリスチャン・グロス (スイス/ザマレク監督)
   1次候補:ジャメル・ベルマディ (アルジェリア/アルジェリア代表監督)
   1次候補:モワンヌ・シャーバニ (チュニジア/エスペランス監督)
   1次候補:二コラ・デュピュイ (フランス/マダガスカル代表監督)
   候補:コランタン・マルティンス (フランス/モーリタニア代表監督)
   候補:ファウジ・ベンザルティ (チュニジア/ウィダド・カサブランカ監督)
   候補:ゲルノト・ロール (ドイツ/ナイジェリア代表監督)
   候補:ムニル・ジャウアニ (モロッコ/ベルカンヌ監督)
   候補:ピツォ・モシマネ (南アフリカ/マメロディ・サンダウンズ監督)

◆年間最優秀女性チーム監督 (Women’s Coach of the Year):6候補→5候補
   1次候補:アラン・ジェウムファ (カメルーン/カメルーン代表監督)
   1次候補:ブルース・ムワペ (ザンビア/ザンビア代表監督)
   1次候補:クレマンティーヌ・トゥーレ (コートジボワール/コートジボワール代表監督)
   1次候補:デシレー・エリス (南アフリカ/南アフリカ代表監督)
   1次候補:トーマス・デネルビー (スウェーデン/ナイジェリア代表監督)
   候補:ダヴィ・ウマ (ケニア/ケニア代表監督)

関連データ
 過去のアフリカ年間最優秀選手一覧



日本代表メンバー発表

 EAFF E-1サッカー選手権2019・決勝大会(12/10~12/18)に向けた代表メンバー発表。

 森保一監督は、22名を選出。

EAFF E-1サッカー選手権(旧東アジアカップ)2019・韓国大会
EAFF E-1選手権2019・男子 試合 得点 失点 勝点
韓国
日本
中国
香港(2次予選勝者)

関連データ
●EAFF E-1サッカー選手権(旧東アジアカップ)2019・男子・1次予選大会(2018/9/2~9/6)結果
 ・1位:モンゴル (2次予選進出)
 ・2位:グアム
 ・3位:マカオ
 ・4位:北マリアナ諸島

●EAFF E-1サッカー選手権(旧東アジアカップ)2019・男子・2次予選大会(2016/11/5~11/18)結果
 ・1位:香港 (EAFF E-1サッカー選手権出場権獲得)
 ・2位:北朝鮮
 ・3位:チャイニーズ・タイペイ
 ・4位:モンゴル

●EAFF E-1サッカー選手権(旧東アジアカップ)・男子:過去の結果
 第1回東アジア選手権2003・日本大会:優勝韓国、2位日本、3位中国、4位香港
 第2回東アジア選手権2005・韓国大会:優勝中国、2位日本、3位北朝鮮、4位韓国
 第3回東アジア選手権2008・中国大会:優勝韓国、2位日本、3位中国、4位北朝鮮
 第4回東アジア選手権2010・日本大会:優勝中国、2位韓国、3位日本、4位香港
 第5回東アジアカップ2013・韓国大会:優勝日本、2位中国、3位韓国、4位オーストラリア(招待国)
 第6回東アジアカップ2015・中国大会:優勝韓国、2位中国、3位北朝鮮、4位日本
 第7回EAFF E-1サッカー選手権2017・日本大会:優勝韓国、2位日本、3位中国、4位北朝鮮
 第8回EAFF E-1サッカー選手権2019・韓国大会:優勝、2位−、3位−、4位−



2019年12月3日

バロンドール2019:結果

 フランスフットボール誌は2日、2019年のバロンドール(世界最優秀選手賞)、女子バロンドール(女性選手が対象)、コパ・トロフィー(21歳未満の選手が対象)、そして今年新設されたヤシン・トロフィー(最優秀GK賞)を発表した。

LIVE Blog(France Football)
※現地17:00~(日本時間翌1:00~):順位公表開始(11位まで)
※同19:30~(同翌3:30~):レッドカーペット
※同20:30~(同翌4:30~):受賞イベント開始:各賞受賞者発表

●バロンドール:リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
●女子バロンドール:ミーガン・ラピノー(アメリカ/レインFC)
●コパ・トロフィー:マタイス・デ・リフト(オランダ/アヤックス→ユベントス:20歳)
●ヤシン・トロフィー:アリソン(ブラジル/リバプール)

バロンドール2019順位
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 リオネル・メッシ アルゼンチン バルセロナ 686
2 フィルジル・ファン・ダイク オランダ リバプール 679
3 クリスチアーノ・ロナウド ポルトガル ユベントス 476
4 サディオ・マネ セネガル リバプール 347
5 モハメド・サラー エジプト リバプール 178
6 キリアン・エンバペ フランス パリ・サンジェルマン 89
7 アリソン ブラジル リバプール 67
8 ロベルト・レヴァンドフスキ ポーランド バイエルン・ミュンヘン 44
9 ベルナルド・シルバ ポルトガル マンチェスター・シティ 41
10 リヤド・マフレズ アルジェリア マンチェスター・シティ 33
11 フレンキー・デ・ヨング オランダ アヤックス→バルセロナ 31
12 ラヒーム・スターリング イングランド マンチェスター・シティ 30
13 エデン・アザール ベルギー チェルシー→レアル・マドリード 25
14 ケビン・デ・ブライネ ベルギー マンチェスター・シティ 14
15 マタイス・デ・リフト オランダ アヤックス→ユベントス 13
16 セルヒオ・アグエロ アルゼンチン マンチェスター・シティ 12
17 ロベルト・フィルミーノ ブラジル リバプール 11
18 アントワーヌ・グリーズマン フランス アトレチコ・マドリード→バルセロナ 9
19 トレント・アレクサンダー・アーノルド イングランド リバプール 8
20 ピエール・エメリク・オーバメヤン ガボン アーセナル 5
ドゥシャン・タディッチ セルビア アヤックス
22 ソン・フンミン 韓国 トッテナム 4
23 ウーゴ・ロリス フランス トッテナム 3
24 カリドゥ・クリバリ セネガル ナポリ 2
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン ドイツ バルセロナ
26 カリム・ベンゼマ フランス レアル・マドリード 1
ジョルジニオ・ワイナルドゥム オランダ リバプール
28 ジョアン・フェリックス ポルトガル ベンフィカ→アトレチコ・マドリード 0
マルキーニョス ブラジル パリ・サンジェルマン
ドニー・ファン・デ・ベーク オランダ アヤックス

●2019年女子バロンドール順位
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 ミーガン・ラピノー アメリカ レインFC 230
2 ルーシー・ブロンズ イングランド オリンピック・リヨン 94
3 アレックス・モーガン アメリカ オーランド・プライド 68
4 アダ・ヘゲルベリ ノルウェー オリンピック・リヨン 67
5 フィフィアネ・ミーデマ オランダ アーセナル 38
6 ワンディ・ルナール フランス オリンピック・リヨン 32
7 サマンサ・カー オーストラリア シカゴ・レッドスターズ→パース・グローリー 27
8 ローズ・ラヴェル アメリカ ワシントン・スピリット 19
9 エレン・ホワイト イングランド バーミンガム→マンチェスター・シティ 18
10 ジェニファー・マロジャン ドイツ オリンピック・リヨン 16
11 アマンディーヌ・アンリ フランス オリンピック・リヨン 13
サリ・ファン・フェーネンダール オランダ アーセナル→アトレチコ・マドリード
13 トビン・ヒース アメリカ ポートランド・ソーンズ 11
14 ペルニレ・ハルダー デンマーク ボルフスブルク 10
リーケ・マルテンス オランダ バルセロナ
16 コソヴァレ・アスラニ スウェーデン リンシェーピング→タコン 6
ニラ・フィッシャー スウェーデン ボルフスブルク→リンシェーピング
マルタ ブラジル オーランド・プライド
19 ソフィア・ヤコブソン スウェーデン モンペリエ→タコン 4
20 サラ・ブアディ フランス オリンピック・リヨン 0

●2019年コパ・トロフィー(21歳未満の選手が対象)順位
選手(年齢) 国籍 所属クラブ ポイント
1 マタイス・デ・リフト(20歳) オランダ アヤックス→ユベントス 58
2 ジェイドン・サンチョ(19歳) イングランド ドルトムント 49
3 ジョアン・フェリックス(20歳) ポルトガル ベンフィカ→アトレチコ・マドリード 41
4 ヴィシニウス(19歳) ブラジル レアル・マドリード 17
5 アンドリー・ルニン(20歳) ウクライナ レガネス→バジャドリード 9
6 マッテオ・ゲンドゥージ(20歳) フランス アーセナル 5
カイ・ハフェルツ(20歳) ドイツ レバークーゼン
8 モイゼ・ケーン(19歳) イタリア ユベントス→エバートン 3
9 サミュエル・チュクウェゼ(20歳) ナイジェリア ビジャレアル 1
イ・ガンイン(18歳) 韓国 バレンシア

●2019年ヤシン・トロフィー(最優秀GK)順位
選手 国籍 所属クラブ ポイント
1 アリソン ブラジル リバプール 795
2 マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン ドイツ バルセロナ 284
3 エデルソン ブラジル マンチェスター・シティ 142
4 ヤン・オブラク スロベニア アトレチコ・マドリード 131
5 ウーゴ・ロリス フランス トッテナム 80
6 マヌエル・ノイアー ドイツ バイエルン・ミュンヘン 52
7 アンドレ・オナナ カメルーン アヤックス 41
8 ケパ・アリサバラガ スペイン チェルシー 29
9 ボイチェフ・シュチェスニー ポーランド ユベントス 24
10 サミール・ハンダノビッチ スロベニア インテル 6

関連データ
France Football ウェブサイト

過去のバロンドール受賞選手一覧
 ※2018年バロンドール (ルカ・モドリッチ/クロアチア)
 ※2017年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2016年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2009年バロンドール (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2008年バロンドール (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2007年バロンドール (カカ/ブラジル)
 ※2006年バロンドール (ファビオ・カンナバーロ/イタリア)

過去のFIFA年間最優秀選手賞受賞選手一覧
 ※2019年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2019年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2018年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (ルカ・モドリッチ/クロアチア)
 ※2018年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2017年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2017年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2016年FIFA年間最優秀選手賞・得票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2016年最優秀選手:各代表主将/監督・メディア投票選手一覧 (FIFA内PDFファイル)

 ※2009年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2009年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2008年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2008年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2007年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (カカ/ブラジル)
 ※2007年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2006年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ファビオ・カンナバーロ/イタリア)
 ※2006年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2005年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウジーニョ/ブラジル)
 ※2005年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2004年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウジーニョ/ブラジル)
 ※2004年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督及び主将投票選手

 ※2003年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ジネディーヌ・ジダン/フランス)
 ※2003年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督投票選手

 ※2002年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ロナウド/ブラジル)
 ※2002年FIFA年間最優秀選手賞・主要監督投票選手

 ※2001年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ルイス・フィーゴ/ポルトガル)
 ※2001年FIFA年間最優秀選手・主要監督投票一覧

 ※2000年FIFA年間最優秀選手賞・獲得ポイント (ジネディーヌ・ジダン/フランス)

過去のFIFAバロンドール受賞選手一覧
 ※2015年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2015年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2014年FIFAバロンドール・獲得投票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2014年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2013年FIFAバロンドール・獲得投票率 (クリスチアーノ・ロナウド/ポルトガル)
 ※2013年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2012年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2012年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2011年FIFAバロンドール・獲得投票率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2011年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

 ※2010年FIFAバロンドール・獲得率 (リオネル・メッシ/アルゼンチン)
 ※2010年FIFAバロンドール・主要監督及び主将投票選手

●過去のFIFProベストイレブン及び最優秀選手
 過去のFIFProベストイレブン及び最優秀選手



ガルフカップ2019・カタール大会

●ガルフカップ2019(ペルシャ湾岸諸国カップ)・カタール大会
◆グループA
カタール 4-2 UAE
◆グループA(ドーハ)
カタール 2−1 UAE
2−1
Akram Afif 20'
Akram Afif(PK) 28'

H. Al Haydos 53'

B. Khoukhi 90+5'
1-0
2-0
2-1
3-1
3-2
4-2


33' Ali Mabkhout(PK)

77' Ali Mabkhout

イエメン 0-0 イラク
◆グループA(ドーハ)
イエメン 0−0 イラク
0−0
0-0
退場 8' Mustafa M. Jaber

◆グループB
クウェート 2-4 バーレーン
◆グループB(ドーハ)
クウェート 0−1 バーレーン
2−3

Youssef Naser(PK) 59'


Ahmad Zanki 85'
0-1
1-1
1-2
1-3
2-3
2-4
45+1' Ali Madan

69' J. Al Shaikh
83' T. Fernandes

90+3' T. Fernandes

オマーン 1-3 サウジアラビア
◆グループB(ドーハ)
オマーン 0−2 サウジアラビア
1−1


A. Al Alawi 55'
0-1
0-2
1-2
1-3
26' アル・ブライカン
42' バヘブリ

57' バヘブリ

●グループA
グループA 試合 得点 失点 勝点
イラク 3 2 1 0 4 1 7
カタール 3 2 0 1 11 4 6
UAE 3 1 0 2 5 6 3
イエメン 3 0 1 2 0 9 1

●グループB
グループB 試合 得点 失点 勝点
サウジアラビア 3 2 0 1 6 4 6
バーレーン 3 1 1 1 4 4 4
オマーン 3 1 1 1 3 4 4
クウェート 3 1 0 2 6 7 3

※各グループ上位2チーム(計4チーム)が準決勝進出。

●グループリーグ日程
◆グループA
 ※11/26
  ・カタール 1-2 イラク
  ・UAE 3-0 イエメン
 ※11/29
  ・UAE 0-2 イラク
  ・イエメン 0-6 カタール
 ※12/2
  ・カタール 4-2 UAE
  ・イエメン 0-0 イラク
◆グループB
 ※11/27
  ・オマーン 0-0 バーレーン
  ・サウジアラビア 1-3 クウェート
 ※11/30
  ・クウェート 1-2 オマーン
  ・バーレーン 0-2 サウジアラビア
 ※12/2
  ・クウェート 2-4 バーレーン
  ・オマーン 1-3 サウジアラビア

●決勝トーナメント日程
◆準決勝
 ※12/5
  ・イラク - バーレーン
  ・サウジアラビア - カタール
◆決勝戦
 ※12/8
  ・ -

関連データ
●ガルフカップ:過去の開催国と優勝チーム
 ・1970年バーレーン大会:優勝クウェート
 ・1972年サウジアラビア大会:優勝クウェート
 ・1974年クウェート大会:優勝クウェート
 ・1976年カタール大会:優勝クウェート
 ・1979年イラク大会:優勝イラク
 ・1982年UAE大会:優勝クウェート
 ・1984年オマーン大会:優勝イラク
 ・1986年バーレーン大会:優勝クウェート
 ・1988年サウジアラビア大会:優勝イラク
 ・1990年クウェート大会:優勝クウェート
 ・1992年カタール大会:優勝カタール
 ・1994年UAE大会:優勝サウジアラビア
 ・1996年オマーン大会:優勝クウェート
 ・1998年バーレーン大会:優勝クウェート
 ・2002年サウジアラビア大会:優勝サウジアラビア
 ・2003年クウェート大会:優勝サウジアラビア
 ・2004年カタール大会:優勝カタール
 ・2007年UAE大会:優勝UAE
 ・2009年オマーン大会:優勝オマーン
 ・2010年イエメン大会:優勝クウェート
 ・2013年バーレーン大会:優勝UAE
 ・2014年サウジアラビア大会:優勝カタール
 ・2017-18年:クウェート大会:優勝オマーン
 ・2019年:カタール大会:優勝



2019年12月2日

AFCアウォーズ2019:結果

 AFC(アジアサッカー連盟)は2日、2019年AFC年間アウォーズ(AFC Annual Awards 2019)を香港(香港)で開催した。

※現地19:00~(日本時間20:00~)
LIVE動画 (YouTube)

※2019年アジア年間最優秀各賞候補者リスト
●年間最優秀選手(AFC Player of the Yea):
 ・アクラム・アフィフ (カタール/アル・サッド)
  候補:アリレザ・ベイランヴァンド (イラン/ペルセポリス)
  候補:槙野智章 (日本/浦和レッズ)
過去のアジア年間最優秀選手

●年間最優秀女性選手(AFC Women's Player of the Year):
 ・熊谷紗希 (日本/オリンピック・リヨン)
  候補:リ・イン (中国/山東女子)
  候補:アシャラタ・デヴィ (インド/セトゥFC)

●年間国際最優秀選手(AFC Asian International Player of the Year):アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・ソン・フンミン (韓国/トッテナム(イングランド))
  候補:セルダル・アズムン (イラン/ゼニト(ロシア))
  候補:長谷部誠 (日本/フランクフルト(ドイツ))

●年間最優秀ユース選手(男性) (AFC Youth Player of the Year (Men)):
 ・イ・ガンイン (韓国)
  候補:安部裕葵 (日本)
  候補:ドアン・バン・ハウ (ベトナム)

●年間最優秀ユース選手(女性) (AFC Youth Player of the Year (Women)):
 ・遠藤純 (日本)
  候補:カーリー・ローストバッケン (オーストラリア)
  候補:ワン・リンリン (中国)

●年間最優秀監督(男性) (AFC Coach of the Year (Men)):
 ・チョン・ジュンヨン (韓国/U-20韓国代表監督)
  候補:大槻毅 (日本/浦和レッズ監督)
  候補:大岩剛 (日本/鹿島アントラーズ監督)

●年間最優秀監督(女性) (AFC Coach of the Year (Women)):
 ・高倉麻子 (日本/女子日本代表監督)
  候補:カタユン・ホスロウヤル (イラン/女子U-19イラン代表監督)
  候補:ヌエングルタイ・スラトンビアン (タイ/女子タイ代表監督)

●年間最優秀フットサル選手(AFC Futsal Player of the Year):
 ・吉川智貴 (日本)
  候補:マフディ・ジャヴィド (イラン)
  候補:関口優志 (日本)

●年間草の根サッカー賞(AFC President Recognition Award for Grassroots Football):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
 ・中国サッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:マレーシアサッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
 ・シンガポールサッカー協会
  候補:香港サッカー協会
  候補:インドサッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
 ・ブルネイサッカー協会
  候補:グアムサッカー協会
  候補:パレスチナサッカー協会

●年間サッカー協会賞(AFC Member Association of the Year):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
 ・日本サッカー協会
  候補:イランサッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
 ・香港サッカー協会
  候補:北朝鮮サッカー協会
  候補:シンガポールサッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
 ・グアムサッカー協会
  候補:モンゴルサッカー協会
  候補:イエメンサッカー協会

●ダイアモンド・オブ・アジア賞(AFC Diamond of Asia):
 ・アル・スルタン・アブドゥラ (マレーシア/マレーシア第16代国王)

●ドリーム・アジア賞(AFC Dream Asia Award:企業・NGO・個人):
 ・日本障がい者サッカー連盟(NGO)
 ・シェルカタールのコオラタイムプログラム(企業)
 ・ボラージ・バット(個人:ネパールのジャーナリストであり映画監督)

●ドリーム・アジア賞(AFC Dream Asia:サッカー協会):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
  ・日本サッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
  ・ミャンマーサッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
  ・グアムサッカー協会


関連データ
過去のアジア年間最優秀選手

※2018年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手(AFC Player of the Yea):
 ・アブドゥルカリム・ハサン (カタール/アル・サッド)
  候補:三竿健斗 (日本/鹿島アントラーズ)
  候補:鈴木優磨 (日本/鹿島アントラーズ)
●年間最優秀女性選手(AFC Women's Player of the Year):
 ・ワン・シュアン (中国/パリ・サンジェルマン)
  候補:サマンサ・カー (オーストラリア/シカゴ・レッドスターズ)
  候補:熊谷紗希 (日本/オリンピック・リヨン)
●年間国際最優秀選手(AFC Asian International Player of the Year):アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・長谷部誠 (日本/フランクフルト(ドイツ))
●年間最優秀ユース選手(男性) (AFC Youth Player of the Year (Men)):
 ・トゥルキ・アル・アマル (サウジアラビア)
  候補:西川潤 (日本)
  候補:チョン・セジン (韓国)
●年間最優秀ユース選手(女性) (AFC Youth Player of the Year (Women)):
 ・宝田沙織 (日本)
  候補:長野風花 (日本)
  候補:南萌花 (日本)
●年間最優秀監督(男性) (AFC Coach of the Year (Men)):
 ・大岩剛 (日本/鹿島アントラーズ監督)
  候補:バシム・カシム・ハムダン (イラク/エアフォースクラブ監督)
  候補:ラフシャン・ハイダロフ (ウズベキスタン/U-23ウズベキスタン代表監督)
●年間最優秀監督(女性) (AFC Coach of the Year (Women)):
 ・高倉麻子 (日本/女子日本代表監督)
  候補:岡本三代 (日本/セレッソ大阪堺ガールズ監督)
  候補:ヌエングルタイ・スラトンビアン (タイ/女子タイ代表監督)
●年間最優秀フットサル選手(AFC Futsal Player of the Year):
 ・アリ・アスグハル・ハッサンザデー (イラン)
  候補:逸見勝利ラファエル (日本)
  候補:マフディ・ジャヴィド (イラン)
●年間草の根サッカー賞(AFC President Recognition Award for Grassroots Football):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
  ・中国サッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
  ・シンガポールサッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
  ・パレスチナサッカー協会
●年間サッカー協会賞(AFC Member Association of the Year):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
  ・日本サッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
  ・北朝鮮サッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
  ・モンゴルサッカー協会
●会長特別賞(AFC President’s Special Recognition Award):
 ・池田太 (日本/U-20日本女子代表監督:U-20女子W杯2018優勝監督)
 ・ワイルド・ボアーズFC (タイ/タイの洞窟から救出された少年たちのチーム:タイサッカー連盟会長ソムヨット・プーンパンマング氏が彼らの代わりに受賞)
●ダイアモンド・オブ・アジア賞(AFC Diamond of Asia):
 ・チャン・チーロン (中国/元AFC会長)
●レフェリー特別賞 (AFC AFC Referees Special Award):
 ・アリレザ・ファガニー (イラン)
 ・レザ・ソハンダン (イラン)
 ・モハマド・レザ・マンスーリ (イラン)

※2017年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手(AFC Player of the Yea):
 ・オマル・フリビン (シリア/アル・ヒラル)
  候補:ウー・レイ (中国/上海上港)
  候補:オマル・アブドゥルラフマン (UAE/アル・アイン)
●年間最優秀女性選手(AFC Women's Player of the Year):
 ・サマンサ・カー (オーストラリア/スカイ・ブルーFC)
  候補:スン・ヒャンシム (北朝鮮/北朝鮮U-19代表)
  候補:熊谷紗希 (日本/オリンピック・リヨン)
●年間国際最優秀選手(AFC Asian International Player of the Year (Men)):アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・ソン・フンミン (韓国/トッテナム・ホットスパー(イングランド))
  候補:アーロン・ムーイ (オーストラリア/ハダースフィールド・タウン(イングランド))
  候補:香川真司 (日本/ボルシア・ドルトムント(ドイツ))
●年間最優秀ユース選手(男性) (AFC Youth Player of the Year (Men)):
 ・イ・スンウ (韓国)
  候補:タハ・シャリアティ (イラン)
  候補:ペク・スンホ (韓国)
●年間最優秀ユース選手(女性) (AFC Youth Player of the Year (Women)):
 ・スン・ヒャンシム (北朝鮮)
  候補:キム・キョンヨン (北朝鮮)
  候補:宮澤ひなた (日本)
●年間最優秀監督(男性) (AFC Coach of the Year (Men)):
 ・堀孝史 (日本/浦和監督)
  候補:アンジェ・ポステコグルー (オーストラリア/前オーストラリア代表監督)
  候補:石井正忠 (日本/鹿島→大宮監督)
●年間最優秀監督(女性) (AFC Coach of the Year (Women)):
 ・高倉麻子 (日本/女子日本代表監督)
  候補:ガオ・ホン (中国/女子中国ユース代表監督)
  候補:ブダ・バウティスタ (フィリピン/女子フィリピン代表監督)
●年間最優秀フットサル選手(AFC Futsal Player of the Year):
 ・アリ・アスグハル・ハッサンザデー (イラン)
  候補:トウヒド・ロトフィ (イラン)
  候補:ジラワット・ソーンウィチアン(タイ)
●年間草の根サッカー賞(AFC President Recognition Award for Grassroots Football):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
 ・中国サッカー協会
  候補:オーストラリアサッカー協会
  候補:イランサッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
 ・シンガポールサッカー協会
  候補:香港サッカー協会
  候補:ベトナムサッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
 ・ブータンサッカー協会
  候補:マカオカサッカー協会
  候補:パレスチナサッカー協会
●年間サッカー協会賞(AFC Member Association of the Year):
 インスパイアリング部門 (Inspiring Category)
 ・イランサッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
 デベロッピング部門 (Developing Category)
 ・ベトナムサッカー協会
  候補:レバノンサッカー協会
  候補:タジキスタンサッカー協会
 アスパイアリング部門 (Aspiring Category)
 ・アフガニスタンサッカー協会
  候補:グアムサッカー協会
●ドリーム・アジア賞(AFC Dream Asia Award):
 ・日本サッカー協会
  候補:中国サッカー協会
  候補:シンガポールサッカー協会
●ダイアモンド・オブ・アジア賞(AFC Diamond of Asia):
 ・ユーセフ・アル・セルカル (UAE/UAEサッカー協会会長)
●レフェリー特別賞 (AFC AFC Referees Special Award):
 ・バヒトヨル・ナマゾフ (ウズベキスタン)

※2016年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手:
 ・オマル・アブドゥルラフマン (UAE/アル・アイン)
  候補:ハンマディ・アハマド (イラク/アル・クワ・アル・ジャウィヤ)
  候補:ウー・レイ (中国/上海上港)
●年間最優秀女性選手:
 ・ケイトリン・フォード (オーストラリア/シドニーFC)
  候補:リサ・デ・ヴァンナ (オーストラリア/オーランド・プライド)
  候補:タン・ルーイン (中国/広東ロッタリー)
●年間国際最優秀選手:アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・岡崎慎司 (日本/レスター・シティ(イングランド))
  候補:香川真司 (日本/ボルシア・ドルトムント(ドイツ))
  候補:ソン・フンミン (韓国/トッテナム・ホットスパー(イングランド))
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・堂安律 (日本)
  候補:モハメド・ダウド (イラク)
  候補:ラカン・アル・アナゼ (サウジアラビア)

●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・長野風花 (日本)
  候補:高橋はな (日本)
  候補:スン・ヒャンシム (北朝鮮)
●年間最優秀監督(男性):
 ・チェ・ガンヒ (韓国/全北現代監督)
  候補:手倉森誠 (日本/U-23日本代表監督)
  候補:内山篤 (日本/U-19日本代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・チャン・ユエン・ティン (香港/東方沙龍監督)
  候補:岡本三代 (日本/セレッソ大阪監督)
  候補:リ・ウンスク (北朝鮮/北朝鮮代表監督)
●年間最優秀フットサル選手:
 ・アリ・アスグハル・ハッサンザデー (イラン)
  候補:アハマド・エスマイルプール (イラン)
  候補:ファルハド・タヴァコリ (イラン)
●年間草の根サッカー賞:
 インスパイアリング部門
 ・オーストラリアサッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:カタールサッカー協会
 デベロッピング部門
 ・フィリピンサッカー協会
  候補:香港サッカー協会
  候補:ベトナムサッカー協会
 アスパイアリング部門
 ・ブルネイサッカー協会
  候補:スリランカサッカー協会
  候補:マカオサッカー協会
●年間サッカー協会賞:
 インスパイアリング部門
 ・日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
  候補:UAEサッカー協会
 デベロッピング部門
 ・インドサッカー協会
  候補:マレーシアサッカー協会
  候補:ベトナムサッカー協会
 アスパイアリング部門
 ・ブータンサッカー協会
  候補:カンボジアサッカー協会
  候補:スリランカサッカー協会
●ドリーム・アジア賞:
 ・カタールサッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・イッサ・ハヤトゥ (カメルーン/アフリカサッカー連盟会長)
●特別賞:
 ・手倉森誠 (日本/U-23日本代表監督)
●レフェリー特別賞(男性):
 ・アリレザ・ファグハニ (イラン)
 ・レザ・ソハンダン (イラン)
 ・モハマド・レザ・マンスーリ (イラン)
●レフェリー特別賞(女性):
 ・ケイト・ジェイスウィッツ (オーストラリア)
 ・リネー・コーグヒル (オーストラリア)
 ・ユヴェナ・フェルナンデス (インド)

※2015年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手:
 ・アーメド・ハリル (UAE/アル・アハリ)
  候補:ジェン・ジー (中国/広州恒大)
  候補:オマル・アブドゥルラフマン (UAE/アル・アイン)
●年間最優秀女性選手:
 ・宮間あや (日本/岡山湯郷Belle)
  候補:宇津木瑠美 (日本/モンペリエ)
  候補:イリース・ケロンド・ナイト (オーストラリア/トゥルビネ・ポツダム)
●年間国際最優秀選手:アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・ソン・フンミン (韓国/トッテナム・ホットスパー(イングランド))
  候補:マッシモ・ルオンゴ (オーストラリア/クイーンズ・パーク・レンジャーズ(イングランド))
  候補:キ・ソンヨン (韓国/スウォンジー・シティ(ウェールズ))
●年間最優秀外国人選手:アジアのクラブでプレーするアジア人以外の選手が対象
 ・リカルド・グラール (ブラジル/広州恒大(中国))
  候補:エヴェルトン・リベイロ (ブラジル/アル・アハリ(UAE))
  候補:ファン・ベレンコソ (スペイン/キッチー(香港))
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・ドストンベク・ハムダモフ (ウズベキスタン)
  候補:エルドル・ショムロドフ (ウズベキスタン)
  候補:ザビヒロ・ウリンボエフ (ウズベキスタン)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・小林里歌子 (日本)
  候補:リ・ヘヨン (北朝鮮)
  候補:リ・ヒャンシム (北朝鮮)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・オーストラリア代表
  候補:韓国代表
  候補:U-20ウズベキスタン代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・日本代表
  候補:U-19日本代表
  候補:U-16北朝鮮代表
●年間最優秀クラブチーム:
 ・広州恒大 (中国)
  候補:アル・アハリ (UAE)
  候補:ジョホール・ダルル・タクジム (マレーシア)
●年間最優秀監督(男性):
 ・アンジェ・ポステコグルー (オーストラリア/オーストラリア代表監督)
  候補:佐々木則夫 (日本/日本女子代表監督)
  候補:マフディ・アリ (UAE/UAE代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・高倉麻子 (日本/U-19日本女子代表監督)
  候補:ガオ・ホン (中国/U-18中国女子代表監督)
  候補:ヌエングルタイ・スラソングヴィアン (タイ/タイ女子代表監督)
●年間フェアプレー協会賞:
 ・日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
  候補:中国サッカー協会
●年間最優秀レフェリー:
 ・ファハド・アル・ミルダシ (サウジアラビア)
●年間最優秀アシスタントレフェリー:
 ・アブドゥラ・アル・シャルワイ (サウジアラビア)
 ・アブ・バカル・アル・アムリ (オマーン)
●年間最優秀フットサルチーム:
 ・タシサット・ダリアエイ (イラン)
  候補:アル・カディシア (クウェート)
  候補:タイ・ソンナム (ベトナム)
●年間最優秀フットサル選手:
 ・ヴァヒド・サムサエイ (イラン)
  候補:アリ・アスグハル・ハッサンザデー (イラン)
  候補:モハマド・ナセル・サファリ (イラン)
●年間草の根サッカー賞:
 インスパイアリング部門
 ・日本サッカー協会
  候補:イランサッカー協会
  候補:ウズベキスタンサッカー協会
 デベロッピング部門
 ・ベトナムサッカー協会
  候補:ヨルダンサッカー協会
  候補:パレスチナサッカー協会
 アスパイアリング部門
 ・ブルネイサッカー協会
  候補:キルギスサッカー協会
  候補:スリランカサッカー協会
●年間インスパイアリングサッカー協会賞:
 ・日本サッカー協会
  候補:オーストラリアサッカー協会
  候補:イランサッカー協会
●年間デベロッピングサッカー協会賞:
 ・香港サッカー協会
  候補:タジキスタンサッカー協会
  候補:ベトナムサッカー協会
●年間アスパイアリングサッカー協会賞:
 ・バングラデシュサッカー協会
  候補:ブータンサッカー協会
  候補:ブルネイサッカー協会
●ドリーム・アジア賞:
 ・日本サッカー協会
  候補:中国サッカー協会
  候補:ベトナムサッカー協会
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・アブドゥラ・アル・ダバル (サウジアラビア)

※2014年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手:
 ・ナシル・アル・シャムラニ (サウジアラビア/アル・ヒラル)
  候補:イスマイル・アハメド (UAE/アル・アイン)
  候補:ハルファン・イブラヒム (カタール/アル・サッド)
●年間最優秀女性選手:
 ・カトリーナ・ゴリー (オーストラリア/FCカンザス・シティ)
  候補:川澄奈穂美 (日本/INAC神戸レオネッサ)
  候補:宮間あや (日本/岡山湯郷Belle)
●年間国際最優秀選手:アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・ミル・ジェディナク (オーストラリア/クリスタル・パレス(イングランド))
  候補:ティム・ケイヒル (オーストラリア/ニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ))
  候補:キ・ソンヨン (韓国/スウォンジー・シティ(ウェールズ))
●年間最優秀外国人選手:アジアのクラブでプレーするアジア人以外の選手が対象
 ・アサモアー・ギャン (ガーナ/アル・アイン(UAE))
  候補:ファン・ベレンコソ (スペイン/キッチー(香港))
  候補:アブデラジズ・バラダ (フランス/アル・ジャジーラ(UAE))
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・アーマド・モエイン (カタール)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・杉田妃和 (日本)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・パレスチナ代表
  候補:U-19カタール代表
  候補:U-16北朝鮮代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・U-17日本代表
●年間最優秀クラブチーム:
 ・ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ (オーストラリア)
  候補:アル・カーディシーヤ (クウェート)
  候補:FC HTTU(トルクメニスタン)
●年間最優秀監督(男性):
 ・トニー・ポポヴィッチ (オーストラリア/ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ監督)
  候補:佐々木則夫 (日本/日本女子監督)
  候補:ジャマル・マハムド (ヨルダン/パレスチナ代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・高倉麻子 (日本/U-17日本女子代表監督)
  候補:ガオ・ホン (中国/U-17中国女子代表監督)
  候補:ヌエングルタイ・スラソングヴィアン (タイ/タイ女子代表監督)
●年間フェアプレー賞:
 ・韓国
  候補:日本
  候補:イラン
●年間最優秀レフェリー(男性):
 ・ラフシャン・イルマトフ (ウズベキスタン)
  候補:アリレザ・ファガニー (イラン)
  候補:ナワフ・アブドゥラー (バーレーン)
●年間最優秀レフェリー(女性):
 ・リタ・ビンティ・ガニ (マレーシア)
  候補:山岸佐知子 (日本)
  候補:カムヌン・パニパー (タイ)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(男性):
 ・マシュー・クリーム (オーストラリア)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(女性):
 ・キム・ギョンミン (韓国)
●年間最優秀フットサルチーム:
 ・日本代表
●年間最優秀フットサル選手:
 ・アリ・アスグハル・ハッサンザデー (イラン)
●企業賞:
 ・TV朝日NHK
●年間草の根サッカー賞:
 ・インドサッカー協会
 ・フィリピンサッカー協会
 ・タジキスタンサッカー協会
●年間インスパイアリングサッカー協会賞:
 ・日本サッカー協会
●年間デベロッピングサッカー協会賞:
 ・北朝鮮サッカー協会
●年間アスパイアリングサッカー協会賞:
 ・キルギスサッカー協会
●ドリーム・アジア賞:
 ・カタールサッカー協会
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・小倉純二 (日本サッカー協会名誉会長)

※2013年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手:アジアでプレーするアジア人選手が対象
 ・ジェン・ジー (中国/広州恒大)
  候補:ハ・デソン (韓国/FCソウル)
  候補:ジャバド・ネクナム (イラン/エステグラル・テヘラン)
●年間国際最優秀選手:アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・長友佑都 (日本/インテル(イタリア))
  候補:本田圭佑 (日本/CSKAモスクワ(ロシア))
  候補:ソン・フンミン (韓国/バイヤー・レバークーゼン(ドイツ))
●年間最優秀外国人選手:アジアのクラブでプレーするアジア人以外の選手が対象
 ・ムリキ (ブラジル/広州恒大(中国))
  候補:ダリオ・コンカ (アルゼンチン/広州恒大(中国))
  候補:デヤン・ダミヤノヴィッチ (モンテネグロ/FCソウル(韓国))
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・アリ・アドナン・カディム (イラク)
  候補:クォン・チャンフン (韓国)
  候補:アボスベク・マフスタリエフ (ウズベキスタン)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・チャン・セルギ (韓国)
  候補:杉田妃和 (日本)
  候補:ワン・シュアン (中国)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・イラクU-20代表
  候補:日本代表
  候補:イラン代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・韓国U-19代表
  候補:日本U-16代表
  候補:北朝鮮U-19代表
●年間最優秀クラブチーム:
 ・広州恒大 (中国)
  候補:FCソウル (韓国)
  候補:クウェートSC (クウェート)
●年間最優秀監督(男性):
 ・チェ・ヨンス (FCソウル監督)
  候補:ハキーム・シャキル (イラク代表監督)
  候補:チョン・ソンチョン (韓国U-20女子代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・竹本(高倉)麻子 (日本)
  候補:ファン・インスン (韓国)
  候補:ヌエングルタイ・スラソングヴィアン (タイ)
●年間最優秀協会:
 ・中国サッカー協会 (インスパイアリング部門)
 ・ヨルダンサッカー協会 (デベロッピング部門) 
 ・パキスタンサッカー協会 (アスパイアリング部門)
●年間フェアプレー協会賞:
 ・中国サッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
●年間最優秀レフェリー(男性):
 ・ベンジャミン・ウィリアムス (オーストラリア)
  候補:西村雄一 (日本)
  候補:ナワフ・アブドゥラー (バーレーン)
●年間最優秀レフェリー(女性):
 ・山岸佐知子 (日本)
  候補:カムヌン・パニパー (タイ)
  候補:リタ・ビンティ・ガニ (マレーシア)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(男性):
 ・名木利幸 (日本)
  候補:相楽亨 (日本)
  候補:ハッサン・カマラニファー (イラン)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(女性):
 ・アリソン・フリン (オーストラリア)
  候補:手代木直美 (日本)
  候補:サラー・ホ (オーストラリア)
●年間最優秀フットサルチーム:
 ・チョンブリ・ブルーウェーブ (タイ)
  候補:名古屋オーシャンズ (日本)
  候補:サナイェ・ギティ・パサン (イラン)
●年間最優秀フットサル選手:
 ・スファウト・トゥウェンクラン (タイ/チョンブリ・ブルーウェーブ)
  候補:森岡薫 (日本/名古屋オーシャンズ)
  候補:ホセイン・タイエビビドゴリ (イラン/サナイェ・ギティ・パサン)
●年間草の根サッカー賞:新設
 ・日本サッカー協会
  候補:ベトナムサッカー協会
  候補:インドサッカー協会
●ドリーム・アジア賞:
 ・ミャンマーサッカー協会
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・チョン・モンジュン (FIFA名誉副会長/韓国サッカー協会名誉会長)

※2012年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手:アジアでプレーするアジア人選手が対象
 ・イ・グンホ (韓国/蔚山現代(韓国))
  最終候補:アリ・カリミ (イラン/ペルセポリスFC(イラン))
  最終候補:ジェン・ジー (中国/広州恒大(中国))
  候補:モフセン・ベンガル (イラン/ペルセポリスFC(イラン))
  候補:ルーカス・ニール (オーストラリア/アル・ワスル(UAE))
●年間最優秀女性選手:
 ・宮間あや (日本/岡山湯郷Belle(日本))
  候補:沢穂希 (日本/INAC神戸レオネッサ(日本))
  候補:大儀見優季 (日本/1.FFCトゥルビネ・ポツダム(ドイツ))
●年間国際最優秀選手:アジア以外のクラブでプレーするアジア人選手が対象
 ・香川真司 (日本/マンチェスター・ユナイテッド(イングランド))
  候補:長友佑都 (日本/インテル(イタリア))
  候補:マーク・シュワルツァー (オーストラリア/フラム(イングランド))
●年間最優秀外国人選手:アジアのクラブでプレーするアジア人以外の選手が対象
 ・ロジェリーニョ (ブラジル/クウェートSC(クウェート))
  候補:ブルーノ・コレア (ブラジル/セパハン(イラン))
  候補:リカルド・オリベイラ (ブラジル/アル・ジャジーラ(UAE))
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・モハナド・アブドゥルラヒーム・カラール (イラク)
  候補:杉本太郎 (日本)
  候補:ムン・チャンジン (韓国)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・柴田華絵 (日本)
  候補:長谷川唯 (日本)
  候補:リ・ヒャンシン (北朝鮮)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・韓国オリンピック代表
  候補:日本オリンピック代表
  候補:UAEオリンピック代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・日本オリンピック代表
  候補:日本U-20代表
  候補:北朝鮮U-17代表
●年間最優秀クラブチーム:
 ・蔚山現代 (韓国)
  候補:アル・アハリ (サウジアラビア)
  候補:クウェートSC (クウェート)
●年間最優秀監督(男性):
 ・キム・ホゴン (蔚山現代(韓国)監督)
  候補:佐々木則夫 (日本女子代表監督)
  候補:ホン・ミョンボ (韓国オリンピック代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・竹本(高倉)麻子 (日本)
  候補:手塚貴子 (日本)
  候補:本田美登里 (日本)
●年間最優秀協会:
 ・イランサッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
  候補:カタールサッカー協会
●年間フェアプレー協会賞:
 ・ウズベキスタンサッカー協会
  候補:オーストラリアサッカー協会
  候補:イランサッカー協会
●年間最優秀レフェリー(男性):
 ・西村雄一 (日本)
  候補:ラフシャン・イルマトフ (ウズベキスタン)
  候補:ファグハニ・アリエザ・モハマド (イラン)
●年間最優秀レフェリー(女性):
 ・山岸佐知子 (日本)
  候補:チン・リャン (中国)
  候補:リ・ヒャンオク (韓国)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(男性):
 ・アブドゥハミドゥロ・ラスロフ (ウズベキスタン)
  候補:バハディル・コフカロフ (キルギス)
  候補:マシュー・ジェームズ・クリーム (オーストラリア)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(女性):
 ・キム・キョンミン (韓国)
  候補:チュイ・ヨンメイ (中国)
  候補:ウィディヤ・ハビバー・ビンティシャムスリ (マレーシア)
●年間最優秀フットサルチーム:
 ・日本代表
  候補:イラン代表
  候補:タイ代表
●年間最優秀フットサル選手:
 ・逸見勝利ラファエル (日本)
  候補:モハマド・ケシャヴァルツ (イラン)
  候補:スファウト・トゥウェンクラン (タイ)
●ドリーム・アジア賞:
 ・UAEサッカー協会
  候補:ネパールサッカー協会
  候補:ミャンマーサッカー協会
  候補:SALTアカデミー (カンボジア)
  候補:ナショナル・ユニティ&インテグリティ・デパートメント(JPNIN:マレーシア)
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・タン・スリ・ハムザ (元AFC会長(マレーシア):2012年9月に死去(88歳))

※2011年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手(男性):
 ・セルヴェル・ジェパロフ (ウズベキスタン/アル・シャバブ)
  候補:本田圭佑 (日本/CSKAモスクワ)
  候補:香川真司 (日本/ボルシア・ドルトムント)
  候補:ク・ジャチョル (韓国/ボルフスブルク)
  候補:ヨム・ギフン (韓国/水原三星ブルーウィングス)
  候補:ハディ・アギリ (イラン/アル・アラビ)
●年間最優秀選手(女性):
 ・宮間あや (日本/岡山湯郷Belle)
  候補:沢穂希 (日本/INAC神戸レオネッサ)
  候補:海堀あゆみ (日本/INAC神戸レオネッサ)
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・石毛秀樹 (日本)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・ケイトリン・フォード (オーストラリア)
  候補:京川舞 (日本)
  候補:ユン・ヒョンヒ (北朝鮮)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・日本代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・日本代表
●年間最優秀クラブチーム(男性):
 ・アル・サッド (カタール)
●年間最優秀監督(男性):
 ・佐々木則夫 (日本女子代表監督)
  候補:チョ・グァンレ (韓国代表監督)
  候補:ヴァディム・アブラモフ (ウズベキスタン代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・手塚貴子 (日本)
●年間最優秀協会:
 ・日本サッカー協会
●年間フェアプレー協会賞:
 ・韓国サッカー協会
●年間最優秀レフェリー(男性):
 ・ラフシャン・イルマトフ (ウズベキスタン)
  候補:西村雄一 (日本)
  候補:カリル・アル・ガムディ (サウジアラビア)
●年間最優秀レフェリー(女性):
 ・山岸佐知子 (日本)
  候補:佐藤奈美 (日本)
  候補:チャ・スンミ (韓国)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(男性):
 ・アブドゥハミドゥロ・ラスロフ (ウズベキスタン)
  候補:名木利幸 (日本)
  候補:相樂亨 (日本)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(女性):
 ・ホ・サラ・メイ・イー (オーストラリア)
  候補:キエウ・ティ・チュイ (ベトナム)
  候補:リュ・ハシウ・メイ (チャイニーズ・タイペイ)
●年間最優秀フットサルチーム:
 ・名古屋オーシャンズ (日本)
●年間最優秀フットサル選手:
 ・モハマド・ケシャヴァルツ (イラン)
●ドリーム・アジア賞:
 ・Reach Out To Asia(ROTA) (カタールのチャリティー組織)
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・HMスルタン・アフマド・シャー (元アジアサッカー連盟会長)

※2010年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手(男性):
 ・ササ・オグネノブスキ (オーストラリア/城南一和天馬)
  候補:バデル・アル・ムタワ (クウェート/アル・カディシア)
  候補:ファルハド・マジディ (イラン/エステグラル)
  候補:ファルシド・タレビ (イラン/ゾブ・アハン)
  候補:フセイン・サルマン (バーレーン/アル・リファ)
●年間最優秀選手(女性):
 ・キャスリン・アン・ジル (オーストラリア)
  候補:沢穂希 (日本)
  候補:チョ・ユンミ (北朝鮮)
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・チョン・イルグァン (北朝鮮)
  候補:ホン・チョル (韓国)
  候補:ティムル・カキモフ (ウズベキスタン)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・ヨ・ミンジ (韓国)
  候補:横山久美 (日本)
  候補:チ・ソユン (韓国)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・日本代表
  候補:オーストラリア代表
  候補:韓国代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・オーストラリア代表
  候補:北朝鮮代表
  候補:韓国U-17代表
●年間最優秀クラブチーム(男性):
 ・城南一和天馬 (韓国)
  候補:アル・イテハド (シリア)
  候補:ゾブ・アハン (イラン)
●年間最優秀監督(男性):
 ・岡田武史 (前日本代表監督)
  候補:ホ・ジョンム (前韓国代表監督)
  候補:シン・テヨン (城南一和天馬監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・キム・テヘ (U-17韓国女子代表アシスタントコーチ)
  候補:リ・エギョン (北朝鮮女子代表アシスタントコーチ)
  候補:シャウルザド・モザファル (イラン女子代表監督)
●年間最優秀協会(男性):
 ・日本サッカー協会
  候補:オーストラリアサッカー協会
  候補:イランサッカー協会
●年間フェアプレー協会賞(男性):
 ・日本サッカー協会
  候補:中国サッカー協会
  候補:イランサッカー協会
●年間最優秀レフェリー(男性):
 ・ラフシャン・イルマトフ (ウズベキスタン)
  候補:カリル・アル・ガムディ (サウジアラビア)
  候補:西村雄一 (日本)
●年間最優秀レフェリー(女性):
 ・山岸佐知子 (日本)
  候補:ホン・ウナ (韓国)
  候補:ケムヌエン・パニパー (タイ)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(男性):
 ・相樂亨 (日本)
  候補:バハディル・コチカロフ (キルギス)
  候補:ラファエル・イリャソフ (ウズベキスタン)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(女性):
 ・鮎貝志保 (日本)
  候補:ホ・サラ・メイ・イー (オーストラリア)
  候補:キム・キョンミン (韓国)
●年間最優秀マッチコミッショナー(男性):
 ・アブドゥル・ガフォール・アブドゥル・ハメード (モルジブ)
  候補:ゴウタム・カル (インド)
  候補:タラル・A・シャイルミエーン (ヨルダン)
●年間最優秀マッチコミッショナー(女性):
 ・エミリー・ロー・チェク・チ (香港)
  候補:エウジェニー・バックレー (オーストラリア)
  候補:ナズリーン・バヌ (シンガポール)
●年間最優秀フットサルチーム
 ・イラン
  候補:日本
  候補:ウズベキスタン
●年間最優秀フットサル選手:
 ・モハッマド・タヘリ (イラン)
  候補:ルスタム・ウマロフ (ウズベキスタン)
  候補:・ヴァヒド・シャムサエー (イラン)
●ドリーム・アジア賞:
 ・オーストラリアサッカー協会
  候補:・ダト・スリ・Dr.チョン・モンジュ
  候補:Dr.クァク・チュン・ファン
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・ダト・スリ・ナジブ・トゥン・ラザック (マレーシア首相)

※2009年アジア年間最優秀各賞受賞者及び候補者リスト
●年間最優秀選手(男性):
 ・遠藤保仁 (日本/ガンバ大阪)
  候補:フィラス・アル・ハティブ (シリア/アル・アラビ(クウェート)→アル・カドシャ(クウェート))
  候補:ハディ・アギリー (イラン/セパハン)
  候補:サイード・モハメド・アドナン (バーレーン/アル・ホール(カタール))
  候補:中村憲剛 (日本/川崎フロンターレ)
●年間最優秀選手(女性):
 ・受賞者なし (女子シニア代表の大会がなかったため)
●年間最優秀ユース選手(男性):
 ・キ・ソンヨン (韓国)
  候補:キム・ミンウ (韓国)
  候補:アーメド・ハリル (UAE)
●年間最優秀ユース選手(女性):
 ・岩渕真奈 (日本)
  候補:ジ・ソヨン (韓国)
  候補:キム・ダヘ (韓国)
●年間最優秀代表チーム(男性):
 ・韓国代表
  候補:北朝鮮代表
  候補:オーストラリア代表
●年間最優秀代表チーム(女性):
 ・日本U-19代表
  候補:韓国U-19代表
  候補:韓国U-16代表
●年間最優秀クラブチーム(男性):
 ・浦項スティーラーズ (韓国)
  候補:アル・イティハド (サウジアラビア)
  候補:クウェートSC (クウェート)
●年間最優秀監督(男性):
 ・ホ・ジョンム (韓国代表監督)
  候補:キム・ジョンフン (北朝鮮代表監督)
  候補:岡田武史 (日本代表監督)
●年間最優秀監督(女性):
 ・受賞者なし (女子シニア代表の大会がなかったため)
●年間最優秀協会(男性):
 ・北朝鮮サッカー協会
  候補:オーストラリアサッカー協会
  候補:日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
●年間最優秀協会(女性):
 ・日本サッカー協会
  候補:イラクサッカー協会
  候補:イランサッカー協会
  候補:UAEサッカー協会
●年間フェアプレー協会賞(男性):
 ・日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
  候補:サウジアラビアサッカー協会
●年間フェアプレー協会賞(女性):
 ・日本サッカー協会
  候補:韓国サッカー協会
  候補:北朝鮮サッカー協会
●年間最優秀レフェリー(男性):
 ・ラフシャン・イルマトフ (ウズベキスタン)
  候補:西村雄一 (日本)
  候補:マシュー・ブリーズ (オーストラリア)
●年間最優秀レフェリー(女性):
 ・ホン・エン・アー (韓国)
  候補:ジャッキー・メルクシャム (オーストラリア)
  候補:パニパー・カムヌエン (タイ)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(男性):
 ・マシュー・クリーム (オーストラリア)
  候補:相樂亨 (日本)
  候補:バハディル・コチカロフ (キルギス)
●年間最優秀アシスタントレフェリー(女性):
 ・チャン・リンリン (中国)
  候補:吉澤久恵 (日本)
  候補:エアリー・キーン (オーストラリア)
●年間最優秀マッチコミッショナー(男性):
 ・マゼン・ラマダン (レバノン)
  候補:タラル・アル・スウェイルメイン (ヨルダン)
  候補:スニル・セナウェーラ (スリランカ)
●年間最優秀マッチコミッショナー(女性):
 ・カニャ・ケオマニー (ラオス)
  候補:エミリー・ラウ (香港)
  候補:トレイシー・ルー・ティン (中国)
●ダイアモンド・オブ・アジア賞:
 ・ジェネラル・ファロウク・ブゾー (シリア)



ビーチサッカー・ワールドカップ2019:パラグアイ大会:最終結果

●優勝:ポルトガル (3回目)
●準優勝:イタリア
●3位:ロシア

●ゴールデンボール賞(最優秀選手賞)
 ・茂怜羅オズ(日本)

●ゴールデンスコアラー賞(得点王)
 ・ガブリエレ・ゴーリ(イタリア):16ゴール

●ゴールデングローブ賞(最優秀GK)
 ・アンドラーデ(ポルトガル)

●フェアプレー賞
 ・セネガル


ビーチサッカー・ワールドカップ2019:パラグアイ大会

◆決勝戦
イタリア 4-6 ポルトガル
◆決勝戦(アスンシオン:観衆2847人)
イタリア 1-1 ポルトガル
0-2
3-3
E. Zurlo 5'33''





D. Ramacciotti 30'11''
J. Jr. Gentilin 30'50''

D. Ramacciotti 35'48''
1-0
1-1
1-2
1-3
1-4
1-5
2-5
3-5
3-6
4-6

7'03'' Leo Martins
17'19'' Jordan
17'49'' A. Lourenco
25'16'' Jordan
27'05'' Leo Martins


34'02'' Jordan
ポルトガルが優勝(3回目)】

◆3位決定戦
ロシア 5-4 日本
◆3位決定戦(アスンシオン:観衆2739人)
ロシア 2-3 日本
1-1
2-0

F. Zemskov 7'42''
A. Novikov 7'56''



F. Zemskov 22'56''
A. Makarov 25'18''
F. Zemskov 28'03''
0-1
1-1
2-1
2-2
2-3
2-4
3-4
4-4
5-4
3'35'' 赤熊卓弥


7'59'' 赤熊卓弥
11'02'' 茂怜羅オズ
22'40'' 大場崇晃

●ビーチサッカーW杯2019:グループリーグ順位表
グループA 試合 得点 失点 勝点
日本 3 3 0 0 14 10 9
スイス 3 2 0 1 18 17 5
パラグアイ 3 1 0 2 15 13 3
アメリカ 3 0 0 3 10 17 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
イタリア 3 2 0 1 21 10 6
ウルグアイ 3 2 0 1 9 9 6
タヒチ 3 2 0 1 16 17 6
メキシコ 3 0 0 3 3 13 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 2 1 1 17 11 6
ロシア 3 2 0 1 14 14 6
ベラルーシ 3 1 0 2 10 13 3
UAE 3 1 0 2 6 9 3

グループD 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 3 3 0 0 29 11 9
ポルトガル 3 2 0 1 20 11 6
オマーン 3 1 0 2 9 16 3
ナイジェリア 3 0 0 3 8 28 0

※12分×3ピリオド制。
※レギュレーションタイム内での勝利は勝点3、延長戦勝利は勝点2、PK戦勝利は勝点1、負けは勝点0。
※各グループ上位2チームが準々決勝に進出。

●ビーチサッカーW杯2019:試合日程
 ◆グループA
 ※11/21
  ・スイス 8-6 アメリカ
  ・パラグアイ 4-5 日本
 ※11/23
  ・アメリカ 3-4 日本
  ・パラグアイ 6(延)7 スイス
 ※11/25
  ・日本 5-3 スイス
  ・アメリカ 1-5 パラグアイ

 ◆グループB
 ※11/21
  ・イタリア 12-4 タヒチ
  ・ウルグアイ 1-0 メキシコ
 ※11/23
  ・タヒチ 6-1 メキシコ
  ・ウルグアイ 4-3 イタリア
 ※11/25
  ・メキシコ 2-6 イタリア
  ・タヒチ 6-4 ウルグアイ

 ◆グループC
 ※11/22
  ・セネガル 7-8 ロシア
  ・ベラルーシ 5-1 UAE
 ※11/24
  ・ロシア 1-4 UAE
  ・ベラルーシ 2-7 セネガル
 ※11/26
  ・UAE 1-3 セネガル
  ・ロシア 5-3 ベラルーシ

 ◆グループD
 ※11/22
  ・ポルトガル 10-1 ナイジェリア
  ・ブラジル 8-2 オマーン
 ※11/24
  ・ナイジェリア 5-6 オマーン
  ・ブラジル 9-7 ポルトガル
 ※11/26
  ・オマーン 1-3 ポルトガル
  ・ナイジェリア 2-12 ブラジル

 ◆準々決勝
 ※11/28
  ・ブラジル 3-4 ロシア
  ・セネガル 2-4 ポルトガル
  ・イタリア 5-4 スイス
  ・日本 3-2 ウルグアイ

 ◆準決勝
 ※11/30
  ・イタリア 8(延)7 ロシア
  ・日本 3-3(PK1-2) ポルトガル

 ◆3位決定戦
 ※12/1
  ・ロシア 5-4 日本

 ◆決勝戦
 ※12/1
  ・イタリア 4-6 ポルトガル

関連データ
※ビーチサッカーワールドカップ(旧ビーチサッカー世界選手権):過去の結果
 ●1995年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝アメリカ、3位イングランド、4位イタリア
 ●1996年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ウルグアイ、3位イタリア、4位アメリカ
 ●1997年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ウルグアイ、3位アメリカ、4位アルゼンチン
 ●1998年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝フランス、3位ウルグアイ、4位ペルー
 ●1999年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ポルトガル、3位ウルグアイ、4位ペルー
 ●2000年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ペルー、3位スペイン、4位日本
 ●2001年ブラジル(バイーア)大会:優勝ポルトガル、準優勝フランス、3位アルゼンチン、4位ブラジル
 ●2002年ブラジル(エスピリトサント/サンパウロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ポルトガル、3位ウルグアイ、4位タイ
 ●2003年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝スペイン、3位ポルトガル、4位フランス
 ●2004年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝スペイン、3位ポルトガル、4位イタリア
 ●2005年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝フランス、準優勝ポルトガル、3位ブラジル、4位日本
 ●2006年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ウルグアイ、3位フランス、4位ポルトガル
 ●2007年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝メキシコ、3位ウルグアイ、4位フランス
 ●2008年フランス(マルセイユ)大会:優勝ブラジル、準優勝イタリア、3位ポルトガル、4位スペイン
 ●2009年UAE(ドバイ)大会:優勝ブラジル、準優勝スイス、3位ポルトガル、4位ウルグアイ
 ●2011年イタリア(ラヴェンナ)大会:優勝ロシア、準優勝ブラジル、3位ポルトガル、4位エルサルバドル
 ●2013年タヒチ(パペーテ)大会:優勝ロシア、準優勝スペイン、3位ブラジル、4位タヒチ
 ●2015年ポルトガル(エスピーニョ)大会:優勝ポルトガル、準優勝タヒチ、3位ロシア、4位イタリア
 ●2017年バハマ(ナッソー)大会:優勝ブラジル、準優勝タヒチ、3位イラン、4位イタリア
 ●2019年パラグアイ(アスンシオン)大会:優勝ポルトガル、準優勝イタリア、3位ロシア、4位日本



2019年12月1日

EURO2020・12会場大会:組み合わせ抽選会、結果

 UEFAは30日、EURO2020・12会場大会(6/12~7/12)の組み合わせ抽選会をブカレスト(ルーマニア)で行った。

※CET18:00から(日本時間翌2:00から)
 LIVE Blog (UEFA)

●EURO2020:組み合わせ抽選結果
グループA グループB グループC
トルコ デンマーク オランダ
イタリア フィンランド ウクライナ
ウェールズ ベルギー オーストリア
スイス ロシア 予選プレーオフ・パスA or D勝者
グループD グループE グループF
イングランド スペイン 予選プレーオフ・パスA or D勝者
クロアチア スウェーデン ポルトガル
予選プレーオフ・パスC勝者 ポーランド フランス
チェコ 予選プレーオフ・パスB勝者 ドイツ
予選プレーオフ・パスAでルーマニアが勝ち抜いた場合、ルーマニアがグループCに入る。 それ以外のチーム(アイスランド、ブルガリア、ハンガリー)のいずれかが勝ち抜いた場合、そのチームがグループFに入る。
※A~F各グループ上位2チームと3位中成績上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進出。

※EURO2020組み合わせ抽選抽選:ポット分け
ポット1 ベルギー、イタリア、イングランド、ドイツ、スペイン、ウクライナ
ポット2 フランス、ポーランド、スイス、クロアチア、オランダ、ロシア
ポット3 ポルトガル、トルコ、デンマーク、オーストリア、スウェーデン、チェコ
ポット4 ウェールズ、フィンランド、プレーオフ・パスA勝者、同パスB勝者、同パスC勝者、同パスD勝者


 予選プレーオフの組み合わせ抽選会は22日行われており、以下のように決定している。
EURO2020予選・プレーオフ:パスA (決勝勝者がEURO2020出場権獲得)
準決勝1 2020/3/26 アイスランド - ルーマニア
準決勝2 2020/3/26 ブルガリア - ハンガリー
決勝戦 2020/3/31 準決勝2勝者 - 準決勝1勝者

EURO2020予選・プレーオフ:パスB (決勝勝者がEURO2020出場権獲得)
準決勝1 2020/3/26 ボスニア・ヘルツェゴビナ - 北アイルランド
準決勝2 2020/3/26 スロバキア - アイルランド
決勝戦 2020/3/31 準決勝1勝者 - 準決勝2勝者

EURO2020予選・プレーオフ:パスC (決勝勝者がEURO2020出場権獲得)
準決勝1 2020/3/26 スコットランド - イスラエル
準決勝2 2020/3/26 ノルウェー - セルビア
決勝戦 2020/3/31 準決勝2勝者 - 準決勝1勝者

EURO2020予選・プレーオフ:パスD (決勝勝者がEURO2020出場権獲得)
準決勝1 2020/3/26 ジョージア - ベラルーシ
準決勝2 2020/3/26 北マケドニア - コソボ
決勝戦 2020/3/31 準決勝1勝者 - 準決勝2勝者

関連データ
 EURO2020予選大会結果

※欧州選手権:過去の結果
 ●1960年フランス大会:優勝ソ連
 ●1964年スペイン大会:優勝スペイン
 ●1968年イタリア大会:優勝イタリア
 ●1972年ベルギー大会:優勝西ドイツ
 ●1976年ユーゴスラビア大会:優勝チェコスロバキア
 ●1980年イタリア大会:優勝西ドイツ
 ●1984年フランス大会:優勝フランス
 ●1988年西ドイツ大会:優勝オランダ
 ●1992年スウェーデン大会:優勝デンマーク
 ●1996年イングランド大会:優勝ドイツ
 ●2000年ベルギー/オランダ大会:優勝フランス
 ●2004年ポルトガル大会:優勝ギリシャ
 ●2008年オーストリア/スイス大会:優勝スペイン
 ●2012年ポーランド/ウクライナ大会:優勝スペイン
 ●2016年フランス大会:優勝ポルトガル
 ●2020年欧州12会場大会:優勝



ガルフカップ2019・カタール大会

●ガルフカップ2019(ペルシャ湾岸諸国カップ)・カタール大会
◆グループB
クウェート 1-2 オマーン
◆グループB(ドーハ)
クウェート 0−2 オマーン
1−0


Yousef Naser 78'
0-1
0-2
1-2
16' A. Al Muqbali(PK)
32' A. Al Muqbali(PK)

バーレーン 0-2 サウジアラビア
◆グループB(ドーハ)
バーレーン 0−1 サウジアラビア
0−1
0-1
0-2
29' アル・ハムダン
59' アル・ハブラニ

●グループA
グループA 試合 得点 失点 勝点
イラク 2 2 0 0 4 1 6
カタール 2 1 0 1 7 2 3
UAE 2 1 0 1 3 2 3
イエメン 2 0 0 2 0 9 0

●グループB
グループB 試合 得点 失点 勝点
オマーン 2 1 1 0 2 1 4
クウェート 2 1 0 1 4 3 3
サウジアラビア 2 1 0 1 3 3 3
バーレーン 2 0 1 1 0 2 1

※各グループ上位2チーム(計4チーム)が準決勝進出。

●グループリーグ日程
◆グループA
 ※11/26
  ・カタール 1-2 イラク
  ・UAE 3-0 イエメン
 ※11/29
  ・UAE 0-2 イラク
  ・イエメン 0-6 カタール
 ※12/2
  ・カタール - UAE
  ・イエメン - イラク
◆グループB
 ※11/27
  ・オマーン 0-0 バーレーン
  ・サウジアラビア 1-3 クウェート
 ※11/30
  ・クウェート 1-2 オマーン
  ・バーレーン 0-2 サウジアラビア
 ※12/2
  ・クウェート - バーレーン
  ・オマーン - サウジアラビア

●決勝トーナメント日程
◆準決勝
 ※12/5
  ・A1位 - B2位
  ・B1位 - A2位
◆決勝戦
 ※12/8
  ・ -

関連データ
●ガルフカップ:過去の開催国と優勝チーム
 ・1970年バーレーン大会:優勝クウェート
 ・1972年サウジアラビア大会:優勝クウェート
 ・1974年クウェート大会:優勝クウェート
 ・1976年カタール大会:優勝クウェート
 ・1979年イラク大会:優勝イラク
 ・1982年UAE大会:優勝クウェート
 ・1984年オマーン大会:優勝イラク
 ・1986年バーレーン大会:優勝クウェート
 ・1988年サウジアラビア大会:優勝イラク
 ・1990年クウェート大会:優勝クウェート
 ・1992年カタール大会:優勝カタール
 ・1994年UAE大会:優勝サウジアラビア
 ・1996年オマーン大会:優勝クウェート
 ・1998年バーレーン大会:優勝クウェート
 ・2002年サウジアラビア大会:優勝サウジアラビア
 ・2003年クウェート大会:優勝サウジアラビア
 ・2004年カタール大会:優勝カタール
 ・2007年UAE大会:優勝UAE
 ・2009年オマーン大会:優勝オマーン
 ・2010年イエメン大会:優勝クウェート
 ・2013年バーレーン大会:優勝UAE
 ・2014年サウジアラビア大会:優勝カタール
 ・2017-18年:クウェート大会:優勝オマーン
 ・2019年:カタール大会:優勝



ビーチサッカー・ワールドカップ2019:パラグアイ大会

●準決勝
イタリア 8(延)7 ロシア
◆準決勝(アスンシオン:観衆579人)
イタリア 2-1 ロシア
1-3
4-3
1 延 0

F. Corosiniti 8'07''
D. Ramacciotti 9'33''

D. Ramacciotti 14'10''


Gabriele Gori 24'07''

Gabriele Gori 24'45''
D. Ramacciotti 26'40''
Gabriele Gori 30'11''


E. Zurlo(PK) 36'38''
0-1
1-1
2-1
2-2
3-2
3-3
3-4
4-4
4-5
5-5
6-5
7-5
7-6
7-7
8-7
3'15'' Andrei Novikov


13'45'' A. Makarov

21'29'' F. Zemskov
23'59'' F. Zemskov

24'40'' Kirill Romanov



30'31'' Kirill Romanov
34'40'' A. Makarov
退場 36'36'' A. Paporotnyi

日本 3-3(PK1-2) ポルトガル
◆準決勝(アスンシオン:観衆707人)
日本 1-1 ポルトガル
1-0
1-2
0 延 0
1 PK 2

茂怜羅オズ 10'22''
山内悠誠 12'37''


赤熊卓弥 35'13''
0-1
1-1
2-1
2-2
2-3
3-3
2'00'' Leo Martins


28'54'' Be Martins
30'37'' Be Martins

●ビーチサッカーW杯2019:グループリーグ順位表
グループA 試合 得点 失点 勝点
日本 3 3 0 0 14 10 9
スイス 3 2 0 1 18 17 5
パラグアイ 3 1 0 2 15 13 3
アメリカ 3 0 0 3 10 17 0

グループB 試合 得点 失点 勝点
イタリア 3 2 0 1 21 10 6
ウルグアイ 3 2 0 1 9 9 6
タヒチ 3 2 0 1 16 17 6
メキシコ 3 0 0 3 3 13 0

グループC 試合 得点 失点 勝点
セネガル 3 2 1 1 17 11 6
ロシア 3 2 0 1 14 14 6
ベラルーシ 3 1 0 2 10 13 3
UAE 3 1 0 2 6 9 3

グループD 試合 得点 失点 勝点
ブラジル 3 3 0 0 29 11 9
ポルトガル 3 2 0 1 20 11 6
オマーン 3 1 0 2 9 16 3
ナイジェリア 3 0 0 3 8 28 0

※12分×3ピリオド制。
※レギュレーションタイム内での勝利は勝点3、延長戦勝利は勝点2、PK戦勝利は勝点1、負けは勝点0。
※各グループ上位2チームが準々決勝に進出。

●ビーチサッカーW杯2019:試合日程
 ◆グループA
 ※11/21
  ・スイス 8-6 アメリカ
  ・パラグアイ 4-5 日本
 ※11/23
  ・アメリカ 3-4 日本
  ・パラグアイ 6(延)7 スイス
 ※11/25
  ・日本 5-3 スイス
  ・アメリカ 1-5 パラグアイ

 ◆グループB
 ※11/21
  ・イタリア 12-4 タヒチ
  ・ウルグアイ 1-0 メキシコ
 ※11/23
  ・タヒチ 6-1 メキシコ
  ・ウルグアイ 4-3 イタリア
 ※11/25
  ・メキシコ 2-6 イタリア
  ・タヒチ 6-4 ウルグアイ

 ◆グループC
 ※11/22
  ・セネガル 7-8 ロシア
  ・ベラルーシ 5-1 UAE
 ※11/24
  ・ロシア 1-4 UAE
  ・ベラルーシ 2-7 セネガル
 ※11/26
  ・UAE 1-3 セネガル
  ・ロシア 5-3 ベラルーシ

 ◆グループD
 ※11/22
  ・ポルトガル 10-1 ナイジェリア
  ・ブラジル 8-2 オマーン
 ※11/24
  ・ナイジェリア 5-6 オマーン
  ・ブラジル 9-7 ポルトガル
 ※11/26
  ・オマーン 1-3 ポルトガル
  ・ナイジェリア 2-12 ブラジル

 ◆準々決勝
 ※11/28
  ・ブラジル 3-4 ロシア
  ・セネガル 2-4 ポルトガル
  ・イタリア 5-4 スイス
  ・日本 3-2 ウルグアイ

 ◆準決勝
 ※11/30
  ・イタリア 8(延)7 ロシア
  ・日本 3-3(PK1-2) ポルトガル

 ◆3位決定戦
 ※12/1
  ・ロシア - 日本

 ◆決勝戦
 ※12/1
  ・イタリア - ポルトガル

関連データ
※ビーチサッカーワールドカップ(旧ビーチサッカー世界選手権):過去の結果
 ●1995年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝アメリカ、3位イングランド、4位イタリア
 ●1996年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ウルグアイ、3位イタリア、4位アメリカ
 ●1997年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ウルグアイ、3位アメリカ、4位アルゼンチン
 ●1998年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝フランス、3位ウルグアイ、4位ペルー
 ●1999年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ポルトガル、3位ウルグアイ、4位ペルー
 ●2000年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ペルー、3位スペイン、4位日本
 ●2001年ブラジル(バイーア)大会:優勝ポルトガル、準優勝フランス、3位アルゼンチン、4位ブラジル
 ●2002年ブラジル(エスピリトサント/サンパウロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ポルトガル、3位ウルグアイ、4位タイ
 ●2003年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝スペイン、3位ポルトガル、4位フランス
 ●2004年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝スペイン、3位ポルトガル、4位イタリア
 ●2005年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝フランス、準優勝ポルトガル、3位ブラジル、4位日本
 ●2006年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝ウルグアイ、3位フランス、4位ポルトガル
 ●2007年ブラジル(リオデジャネイロ)大会:優勝ブラジル、準優勝メキシコ、3位ウルグアイ、4位フランス
 ●2008年フランス(マルセイユ)大会:優勝ブラジル、準優勝イタリア、3位ポルトガル、4位スペイン
 ●2009年UAE(ドバイ)大会:優勝ブラジル、準優勝スイス、3位ポルトガル、4位ウルグアイ
 ●2011年イタリア(ラヴェンナ)大会:優勝ロシア、準優勝ブラジル、3位ポルトガル、4位エルサルバドル
 ●2013年タヒチ(パペーテ)大会:優勝ロシア、準優勝スペイン、3位ブラジル、4位タヒチ
 ●2015年ポルトガル(エスピーニョ)大会:優勝ポルトガル、準優勝タヒチ、3位ロシア、4位イタリア
 ●2017年バハマ(ナッソー)大会:優勝ブラジル、準優勝タヒチ、3位イラン、4位イタリア
 ●2019年パラグアイ(アスンシオン)大会:優勝、準優勝−、3位−、4位−



ニュースバックナンバー(11/21~11/30)

TOP ▲

スポンサーリンク

メニュー

ニュースバックナンバー

ホーム > ニュースバックナンバー(2019/12/1~12/10)